薬剤師道一直線

一、顔に責任を持つべし

 「40 歳になったら、人は自分の顔に責任を持たねばならない」。この言葉は、第16 代アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーンが残した言葉である。「顔」は親から与えられるものだが、40 歳を過ぎるころから経験の重みや他人を受容する気持ち、自分に対する確信が顔に現れてくる。そうしてでき上がった自分の顔に責任を持たなければならない。リンカーンは、そう教えている。

 薬剤師も40 歳ともなれば、中堅からベテランの域に達してくる時期である。これをお読みの40 歳過ぎのアナタ。自分の顔に責任が持てているだろうか? 一度、顔を鏡に映し、自問してみるとよい。美人やイケメンといった表面的なことではなく、顔を通して、内面の自分に問いかけるのである。「薬剤師として、自分はどう過ごしてきたのか」を。

 一方で、顔という言葉は、「首相は日本の顔」「社長は会社の顔」など、「ある組織や集団を代表する存在」という意味でも使用される。では、あなたは今、働いている薬局の「顔」と言えるだろうか。

 薬局の顔になるには、長い道のりが必要である。それも険しい道である。日々、技術を磨き、知識を習得しなければいけない。

 ここで大事なことは、自己満足ではなく、他人から認められなければいけないということである。スタッフから尊敬され、ドクターやナースから信頼され、そして、患者さんから愛されて、初めて、その薬局の顔となるのである。そして、一度薬局の顔となったならば、おごることなく、名を汚さぬよう、日々精進し続けなければならない。

 修業は、果てしなく続く。それは、薬剤師道に足を踏み入れた者の宿命である。でも、決してツライ顔などしてはならない。和顔愛語。和やかな表情で優しく話す姿こそが、薬剤師に求められているのだから。

(結城 真吾)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 日薬、薬局を機能で3つに分類するよう提案 第7回医薬品医療機器制度部会より FBシェア数:138
  2. 疑義照会内容の記録忘れによる再処方に注意 医療機能評価機構が医療安全情報を公表 FBシェア数:39
  3. 同じ糖尿病治療薬でもカタチはこんなに違う 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」 FBシェア数:84
  4. 「医師に相談してください」と言う前に薬剤師として… Inside Outside FBシェア数:51
  5. スタチンとフィブラート併用の原則禁忌が解除 腎機能低下患者でも両剤の併用可能に FBシェア数:33
  6. 生活保護の後発品原則化に思う「悪意なき悪意」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:178
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:51
  8. 【漫画】ピロリ除菌で大変! ガンバレ薬剤師 FBシェア数:67
  9. SSRI/SNRIで不眠になるのはなぜ? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  10. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師
医師と医学研究者におすすめの英文校正