薬剤師道一直線

一、身近な人にまず認められよ

 この6 月に、いよいよ約6 万人の「登録販売者」が、新たな医薬品販売の担い手として働き始める。薬剤師にとって新たなライバル登場とみるのか、心強いパートナーを得たとみるのか。それは本誌の記事に委ねるとして、ここではおいておこう。

 さて、薬局の薬剤師にとって最も身近なパートナーといえば、やはり事務スタッフではなかろうか。一人薬剤師を支えるベテラン事務さんから、10 人を超える事務スタッフを束ねる事務局長まで。肩書、役割はいろいろあるが、共通して言えるのは薬剤師の下で、いや薬剤師と共に、患者さんのために働いているということであろう。

 何も言わなくてもスッと薬歴や服薬支援シートを手渡して、さりげなく前回からの処方変更内容を伝えてくれる。まるで、オペ中のドクターを支えるナースのように(さすがに汗までは拭かないが……)。それだけではない。調剤に時間がかかりそうなときは患者さんの話し相手となり、一部負担金についてクレームが寄せられれば、凛(りん)とした患者対応によって相手を怒らせることなく事を収める。そんな事務スタッフを見ると、本当に素晴らしいと心底思う。

 ここで、改めて考えてみてほしい。自分が働く薬局の事務スタッフのことを。彼ら彼女らは、自らの仕事に誇りを持って患者さんのために働いていると自覚できているだろうか。家族や友人たちに、「私は○○薬局の事務スタッフとして、薬剤師と共に患者さんのために働いています」と胸を張り言ってくれているだろうか。

 そのためには、一緒に働く薬剤師が尊敬され、事務スタッフが誇れる薬局でなくてはならない。身内の人間だからこそ、等身大の薬剤師を知っている。その事務スタッフに認められる薬剤師になることが、薬剤師道を極める第一歩なのである。

(結城 真吾)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 高齢者の薬、ここに注意

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  2. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  3. ポジティブは循環する──「P循環」と「N循環」 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  4. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  5. 高齢者の薬物療法を支えるのは、医師と薬剤師の良質… Interview
  6. 薬剤師にもっと頼ってみて アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  7. メトホルミンの添付文書表記は、なぜ標準化eGFR… 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  8. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  9. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  10. 注目のOTC薬◆エンペキュア、大正口内炎チュアブ… トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正