薬剤師道一直線

一、ラストサムライの心意気を見せよ

 4年制薬学部卒の最後の薬剤師が社会に出てから、早くも1カ月がたとうとしている。人手不足の薬局にしてみれば、来年、再来年と卒業する薬剤師がいなくなるのだから、彼ら彼女らは、まさに「金の卵」といえる。少なくとも3年間は辞めてもらっては困るわけで、周りも例年以上に気を使っているのではなかろうか。

 さて、4年制最後の薬剤師たちは、これから3年間、現場で経験を積み、2012年の春に6年制薬学部卒の第一期生と対峙(たいじ)することになる。3年後、6年制薬剤師と相まみえるとき、最後の4年制薬剤師は、金の卵からかえって「金の鳥」となっているのか。それは、これからの3年間にかかっている。

 中途半端な気持ちで3年間を過ごせば、「しょせん4年制卒だから……」と6年制卒の薬剤師からは見下されてしまうであろう。これに対し、薬剤師道を極めんと3年間みっちり修業に励んだならば、「やはり現場で鍛えられた先輩方は違う!」と一目置かれるのは火を見るより明らかである。

 このことは、最後の4年制薬剤師と最初の6年制薬剤師だけの問題ではない。日本の薬剤師全体の問題でもある。これからの3年間は薬剤師にとって、幕末から明治維新への移行に匹敵する、まさに激動の時代となるであろう。

 そして3年後、幕末の「侍」薬剤師と明治維新の「志士」薬剤師が一堂に会することになる。そのとき、玉石混交となってしまうのか、それともまばゆいばかりの金の山々になるのか。それは、すべての薬剤師の意識にかかっているのである。

 4年制薬学部卒のラストサムライたる新卒薬剤師たちよ。6年制薬学部を卒業してくる維新の志士たる薬剤師たちとともに夢を見ようではないか。3年後に「薬剤師新時代の夜明け」が来ることを願って。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 抗結核薬の処方箋

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
  3. 薬局薬剤師による医師への医薬品情報発信に期待 第10回日本アプライド・セラピューティクス学会より
  4. 入院時のポリファーマシー対策が論点に トレンド(DIオンライン)
  5. あちこちに「迫害されている!」と訴える人 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  6. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
  7. 甘い抗菌薬が苦手な子ども 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  8. 日本調剤前社長に課徴金納付命令を勧告 トレンド(DIオンライン)
  9. 女性下部尿路症状診療GL改訂のポイントは? 治療薬と認知症の関連、抗コリン薬とβ3作動薬の併用療法など
  10. セニランとセルシンの取り違えに注意 調剤時の薬剤取り違えが5件報告
医師と医学研究者におすすめの英文校正