薬剤師道一直線

一、薬剤師たる覚悟を新たにせよ(後)

 「あなたは薬剤師ですか?」という問いに、「はい、そうです」と迷いなく答えられるだろうか。自覚と責任と、そして自信を持って。

 しかるに、ひとたび「はい、薬剤師です」と答えたなら、天地がひっくり返ろうとも、薬剤師としての責務を全うしなければならない。会社の規則や薬剤師会の規定はもちろん、働く時間の長短や給与なども全く関係はない。すべてにおいて、薬剤師であることが最優先されなければいけない。

 これは簡単なことではない。自分自身の薬剤師としての「魂」が試されるということでもある。

 薬剤師としては、カッコいいことを言える場面ばかりではない。時には家族を犠牲にしなくてはならないかもしれない。時には自分自身を押し殺さなければならないかもしれない。それでもやらなければいけないことが、薬剤師には数多くあるのである。

 涙し、涙枯れ果てる日もあろう。迷い、疑い、自暴自棄になるときもあろう。だが、ひとたび薬剤師となった以上、前へ進まなければならない。そこには経営者も、常勤も、非常勤もない。あるのは「自分は薬剤師である」という覚悟である。薬剤師免許証を交付されるときに、自分自身で決めた覚悟である。

 そしてもう一つ考えてほしい。自分独りで薬剤師になれたのではない。多くの人々に支えられて薬剤師になれたということを。多くの人々への恩に報いるためにも、職務を全うする義務がある。すべての患者さんのため、いやすべての国民のため。あらん力の限り。

 あなたならできる。薬剤師の「魂」を持っている限り必ずできる。

 そして、いつの日か再び聞かれるであろう。道端で、見も知らぬ人から「あなたは……薬剤師ですね」と。人は自分の存在を自分では決められない。他人によってしか決められないのである。

(結城 真吾)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 非薬剤師による計量・混合で改善命令 トレンド(DIオンライン)
  2. 台風が迫る中、薬局を開けて考えたこと 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  3. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
  4. 服用薬剤調整支援料の算定例で多い薬は何か? 第52回日本薬剤師会学術大会より
  5. パーキンソン病に第2の経皮吸収型ドパミンアゴニス… 最新DIピックアップ
  6. 【漫画】「数回に分けて」の勘違い ガンバレ薬剤師
  7. 「私が頑張らなければ……」の落とし穴 キャリアお悩み相談室
  8. 総合感冒薬3製品の違いをどう説明するか 伊東明彦の「解けるか?薬学生!」
  9. いつも笑顔で真面目な女性が職場で突然泣き出したら 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  10. 代謝を受けやすい医薬品の構造の特徴とは 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」
医師と医学研究者におすすめの英文校正