薬剤師道一直線

一、薬剤師たる覚悟を新たにせよ(前)

 「あなたは薬剤師ですか?」──。

 何を寝ぼけたことを、と言われるかもしれない。今、こうして『日経DI』を読んでいるのだから、薬剤師に決まっているじゃないか!とお叱りを受けるかもしれない。

 では、見知らぬ人から「あなたは薬剤師ですか?」と道端で尋ねられたら、どう答えるか。自分が薬剤師であることを、どうやって証明するのか。

 薬局に行けば薬剤師免許証が神々しく調剤室入り口に掛かっているので、それを見てほしい、と冷静に言うのか。日本薬剤師研修センター発行の研修認定薬剤師登録証を見せるのか。はたまた、自分の経歴を卒業大学、学部、学科、卒論研究テーマに至るまで、事細かに説明するのか……。なかなか証明することは難しい。

 ところで薬剤師とは、薬剤師法第1条にある通り「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保する」存在である。また、制度上の薬剤師とは、薬剤師国家試験の合格者ではなく、薬剤師名簿に登録され、免許証を厚生労働大臣、つまり国から交付された者を指す。

 そして、もう一つ重要なことがある。それは、薬剤師たらんとする者は、厚労省に自ら薬剤師登録と免許証の交付を申請する必要があることである。つまり、自らの意思をもって薬剤師となる、ということである。

 薬剤師免許証を交付されるときに、「あなたは薬剤師になりますか?」と尋ねられているようなものである。それに対し、自らの意思をもって「薬剤師になります」と答える。これで、国との契約が履行されるのである。

 そうなれば、もう後戻りはできない。これから長きにわたる「あなたは薬剤師ですか?」の答え探しの旅が続く。ということで、この項も次号に続く。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 注射を知ろう

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 医師が期待する「服用期間中のフォロー」とは 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:67
  2. 「その薬は飲んでない」をどこまで信じるか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:97
  3. 厚労省が新添付文書記載要領の実例を公表 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:31
  4. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:483
  5. 日薬、次期改定の要望を都道府県薬から募集 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:22
  6. アムバロ回収のニュースが患者に及ぼす影響 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:69
  7. 居宅療養管理指導費も10月から引き上げ トレンド(DIオンライン) FBシェア数:15
  8. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:269
  9. 調剤基本料の引き上げ、中医協が答申 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:75
  10. ファイザーがアムバロ回収、発癌性物質を検出 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:139
医師と医学研究者におすすめの英文校正