DI Onlineのロゴ画像

薬剤師道一直線

一、患者とともに歩め

 アメリカ合衆国の大統領選挙に、バラク・オバマ氏が当選した。初のアフリカ系アメリカ人の大統領になる。そのオバマ氏の演説で最も有名なフレーズといえば、「Yes, we can 」であろう。直訳すれば「私たちはできる」となるが、この言葉の主語はwe 、すなわち「私たち」である。私たちが主役である、ということを強調している。

 さて、ここで問題を一つ。既に医療現場で広く使われている言葉「informed consent」を、あなたならどう訳すか。一昔前なら「説明と同意」と訳す人もいたであろうが、今なら「医学的処置や治療に先立って、それを承諾し選択するのに必要な情報を医師から受ける権利」(広辞苑)となる。

 では「informed consent 」を、本来の意味に沿って主語を付けて訳すとしたら……。その主語は、医師なのか薬剤師なのか、はたまたほかの医療関係者なのか。

 それらの答えは、すべて不正解である。この場合の主語は、患者さんでなければならない。医療における主役は、いついかなるときも、患者さんなのである。そのことを忘れると、医療の本道を見失うことになる。医療が高度化・専門化し、いかに高度な教育がなされようとも、こればかりは「Change 」できない。いや、してはいけないのである。

 さしずめ「informed consent 」の薬剤師版訳は、「患者さんが、薬剤師から薬物療法について丁寧で詳しい説明を受け、納得をした上で、薬剤師とともにどのような薬物療法に取り組むかを決めること」とでもなろうか。そうした手順を踏まえた上で、薬剤師は患者さんに対して決意表明をする。「どんなことがあろうと薬剤師である私は、あなたとともに最善の薬物療法を実現します。私たちには、それができます」と。

 そう、まさしく「Yes, we can 」なのである。

(結城 真吾)