薬剤師道一直線

一、患者とともに歩め

 アメリカ合衆国の大統領選挙に、バラク・オバマ氏が当選した。初のアフリカ系アメリカ人の大統領になる。そのオバマ氏の演説で最も有名なフレーズといえば、「Yes, we can 」であろう。直訳すれば「私たちはできる」となるが、この言葉の主語はwe 、すなわち「私たち」である。私たちが主役である、ということを強調している。

 さて、ここで問題を一つ。既に医療現場で広く使われている言葉「informed consent」を、あなたならどう訳すか。一昔前なら「説明と同意」と訳す人もいたであろうが、今なら「医学的処置や治療に先立って、それを承諾し選択するのに必要な情報を医師から受ける権利」(広辞苑)となる。

 では「informed consent 」を、本来の意味に沿って主語を付けて訳すとしたら……。その主語は、医師なのか薬剤師なのか、はたまたほかの医療関係者なのか。

 それらの答えは、すべて不正解である。この場合の主語は、患者さんでなければならない。医療における主役は、いついかなるときも、患者さんなのである。そのことを忘れると、医療の本道を見失うことになる。医療が高度化・専門化し、いかに高度な教育がなされようとも、こればかりは「Change 」できない。いや、してはいけないのである。

 さしずめ「informed consent 」の薬剤師版訳は、「患者さんが、薬剤師から薬物療法について丁寧で詳しい説明を受け、納得をした上で、薬剤師とともにどのような薬物療法に取り組むかを決めること」とでもなろうか。そうした手順を踏まえた上で、薬剤師は患者さんに対して決意表明をする。「どんなことがあろうと薬剤師である私は、あなたとともに最善の薬物療法を実現します。私たちには、それができます」と。

 そう、まさしく「Yes, we can 」なのである。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 抗結核薬の処方箋

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 外用薬の使用開始を薬剤師が判断 第10回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会より
  2. 甘い抗菌薬が苦手な子ども 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  3. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
  4. 日本の薬局事情はかなり特殊です まいにち薬剤師
  5. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
  6. ブロプレスの後発品に小児用法追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  7. 患者さんが心停止! どう対応したらよかった? 教えて!ハテナース
  8. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
  9. 経口鉄剤:フェロミア断トツ、シェア7割を維持 NMO処方サーベイ
  10. 薬学教育にも医学部のような「臨床実習」導入を 第10回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会より
医師と医学研究者におすすめの英文校正