薬剤師道一直線

一、患者とともに歩め

 アメリカ合衆国の大統領選挙に、バラク・オバマ氏が当選した。初のアフリカ系アメリカ人の大統領になる。そのオバマ氏の演説で最も有名なフレーズといえば、「Yes, we can 」であろう。直訳すれば「私たちはできる」となるが、この言葉の主語はwe 、すなわち「私たち」である。私たちが主役である、ということを強調している。

 さて、ここで問題を一つ。既に医療現場で広く使われている言葉「informed consent」を、あなたならどう訳すか。一昔前なら「説明と同意」と訳す人もいたであろうが、今なら「医学的処置や治療に先立って、それを承諾し選択するのに必要な情報を医師から受ける権利」(広辞苑)となる。

 では「informed consent 」を、本来の意味に沿って主語を付けて訳すとしたら……。その主語は、医師なのか薬剤師なのか、はたまたほかの医療関係者なのか。

 それらの答えは、すべて不正解である。この場合の主語は、患者さんでなければならない。医療における主役は、いついかなるときも、患者さんなのである。そのことを忘れると、医療の本道を見失うことになる。医療が高度化・専門化し、いかに高度な教育がなされようとも、こればかりは「Change 」できない。いや、してはいけないのである。

 さしずめ「informed consent 」の薬剤師版訳は、「患者さんが、薬剤師から薬物療法について丁寧で詳しい説明を受け、納得をした上で、薬剤師とともにどのような薬物療法に取り組むかを決めること」とでもなろうか。そうした手順を踏まえた上で、薬剤師は患者さんに対して決意表明をする。「どんなことがあろうと薬剤師である私は、あなたとともに最善の薬物療法を実現します。私たちには、それができます」と。

 そう、まさしく「Yes, we can 」なのである。

(結城 真吾)

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 BZ系薬の処方箋を受けたら

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 山梨のウエルシア薬局で調剤過誤報道 トレンド(DIオンライン)
  2. 認知症大綱、6万人の薬剤師に研修受講を 2025年までの取り組みと目標がまとまる
  3. 薬剤師が考える「お弁当問題」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. 不眠患者が抱える不安に応えて、BZ系薬の適正使用… Interview
  5. 育休中の勉強代は会社持ち? 薬局なんでも相談室
  6. 財政審、調剤料引き下げを明記した建議を提出 トレンド(DIオンライン)
  7. デパケンRの用法変更で薬局は大赤字!? セキララ告白!個別指導
  8. 「薬剤師の仕事」と「非薬剤師の仕事」 古川裕之の「STOP!メディケーションエラー」
  9. ツルハ、ドラッグストア売上高首位に トレンド(DIオンライン)
  10. メトホルミンの禁忌を改訂 トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正