薬剤師道一直線

1、非常時を想定し鍛錬せよ

 突然ですが、問題です。「薬剤師であるあなたが、もし大きな災害に遭って、何か一つだけ持って逃げることができるとしたら、何を選びますか?」──。
 薬剤師であろうがなかろうが、お金や貴重品、非常食やテント、はたまた恋人や家族の写真を持って逃げたいのが人情であろう。しかし、今回はそれらは横において、国民の健康な生活を確保する義務がある薬剤師として何を持ち出すべきかを考えてみてほしい。
 薬の判別や作用、副作用を確認するための医薬品事典か、調剤に欠かせない使い慣れたスパーテルか、患者に薬を飲んでもらうための水か、はたまた災害救急用医薬品袋を持ち出すべきなのか──。
 実は上の答えは、すべて正解である。つまり薬剤師として災害時・非常時に持ち出すものは、それぞれの薬剤師によって、置かれた状況や必要に応じて違っていて一向に構わない。大事なことは、自分が持ち出したものをいかに生かすかである。そのための知識の習得や技術の鍛錬が、日ごろできているかなのである。
 仮にスパーテルを持ち出せたとしても、例えばカマひとさじが何gかを知っていなければ、電子天秤のない状況下では使い物にならない。服用するのに多くの水が必要とされる医薬品が何かを知っていても、少ない水で服用させる技術を持っていなければ、貴重な水を無駄に使ってしまうかもしれない。災害時・非常時に泰然と薬剤師業務が遂行できてこそ、薬剤師道を極めた薬剤師といえるだろう。だからこそ、日ごろの鍛錬が欠かせないのである。
 ところで、災害時に持ち出すものとして『日経DI』と答えた人がいたとしたら素晴らしい。ん? たき火に使うため? それはダメ。なぜって、この雑誌では萌(燃)えませんから。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 抗結核薬の処方箋

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 外用薬の使用開始を薬剤師が判断 第10回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会より
  2. 甘い抗菌薬が苦手な子ども 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  3. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
  4. 日本の薬局事情はかなり特殊です まいにち薬剤師
  5. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
  6. ブロプレスの後発品に小児用法追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  7. 患者さんが心停止! どう対応したらよかった? 教えて!ハテナース
  8. その精神科診断は必要か 宮岡等の「精神科医のひとりごと」
  9. 経口鉄剤:フェロミア断トツ、シェア7割を維持 NMO処方サーベイ
  10. 薬学教育にも医学部のような「臨床実習」導入を 第10回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会より
医師と医学研究者におすすめの英文校正