薬剤師道一直線

一、10年後の自分を思い描け

 あなたは今、「10年後の自分vを想像できるだろうか? 30歳の人は40歳の自分を、40歳の人は50歳の自分を、そして50歳の人は60歳の自分を──である。環境問題にありがちな、「10年後など地球そのものが……」という議論はおいておくとして。
 あなたは今日と同じく、10年後も調剤室で、散剤を計量・混合して、鑑査し、投薬し、服薬指導し、振り返れば薬歴の山──という日々を送っているだろうか。いや、送っていられるだろうか。
 もっとも10年もすれば、技術革新により調剤方法が劇的に変わっている可能性もあるので、今のような調剤風景や投薬・服薬指導風景は見られなくなっているかもしれない。個人のレベルでいえば、薬剤師の専門化が進み、複数のアドバイザー資格を取得した人が多くなるであろう。「お薬説明アドバイザー」なる、訳のわからないアドバイザーまで出てくるかもしれない。薬剤師免許そのものも、グローバル化して世界標準薬剤師免許が主流になっているかもしれない。いや、宇宙人薬剤師がいたり、ロボット薬剤師がすべてをこなしているかも……。
 さて、ちょっとここで、10年前の自分を思い出してほしい。10年前も今日と同じように調剤室で、散剤を計量・混合して、鑑査し、投薬し、服薬指導し、振り返れば薬歴の山──であったことを。ただただ患者さんの笑顔のために。間違わなくて当たり前、正確で当然の世界で10年、よく頑張ってきた。頑張ってきたからこそ、明日があり、1年後、5年後、10年後があるのである。
 だから、10年後の自分も「当然、薬剤師である」と胸を張って言えることが、どれだけ素晴らしいか。さ、もうひと10年、頑張りましょう! あなたも、私も、そして『日経DI』も。遅ればせながら、祝!『日経DI』創刊10周年。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 点検! 高血圧

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. ミノマイシンを飲んだら○○しちゃダメ!? セキララ告白!個別指導
  2. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  3. 【漫画】めまいの原因 ガンバレ薬剤師
  4. どうなっている?メソトレキセートの供給不足 米国向け製剤を緊急輸入
  5. 驚きの連続!海外実務実習 日本薬学生連盟の「薬学生の主張」
  6. 「調剤偏重の薬局が自然淘汰される報酬を」 トレンド(DIオンライン)
  7. 患者の愚痴に思う「医療は文化だ!」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  8. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  9. アクアチムの一発査定にご注意を! セキララ告白!個別指導
  10. 3349万円の新薬登場と薬局・薬剤師の将来 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
医師と医学研究者におすすめの英文校正