薬剤師道一直線

一、10年後の自分を思い描け

 あなたは今、「10年後の自分vを想像できるだろうか? 30歳の人は40歳の自分を、40歳の人は50歳の自分を、そして50歳の人は60歳の自分を──である。環境問題にありがちな、「10年後など地球そのものが……」という議論はおいておくとして。
 あなたは今日と同じく、10年後も調剤室で、散剤を計量・混合して、鑑査し、投薬し、服薬指導し、振り返れば薬歴の山──という日々を送っているだろうか。いや、送っていられるだろうか。
 もっとも10年もすれば、技術革新により調剤方法が劇的に変わっている可能性もあるので、今のような調剤風景や投薬・服薬指導風景は見られなくなっているかもしれない。個人のレベルでいえば、薬剤師の専門化が進み、複数のアドバイザー資格を取得した人が多くなるであろう。「お薬説明アドバイザー」なる、訳のわからないアドバイザーまで出てくるかもしれない。薬剤師免許そのものも、グローバル化して世界標準薬剤師免許が主流になっているかもしれない。いや、宇宙人薬剤師がいたり、ロボット薬剤師がすべてをこなしているかも……。
 さて、ちょっとここで、10年前の自分を思い出してほしい。10年前も今日と同じように調剤室で、散剤を計量・混合して、鑑査し、投薬し、服薬指導し、振り返れば薬歴の山──であったことを。ただただ患者さんの笑顔のために。間違わなくて当たり前、正確で当然の世界で10年、よく頑張ってきた。頑張ってきたからこそ、明日があり、1年後、5年後、10年後があるのである。
 だから、10年後の自分も「当然、薬剤師である」と胸を張って言えることが、どれだけ素晴らしいか。さ、もうひと10年、頑張りましょう! あなたも、私も、そして『日経DI』も。遅ればせながら、祝!『日経DI』創刊10周年。

(結城 真吾)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 非薬剤師による計量・混合で改善命令 トレンド(DIオンライン)
  2. 台風が迫る中、薬局を開けて考えたこと 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  3. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
  4. 服用薬剤調整支援料の算定例で多い薬は何か? 第52回日本薬剤師会学術大会より
  5. パーキンソン病に第2の経皮吸収型ドパミンアゴニス… 最新DIピックアップ
  6. 【漫画】「数回に分けて」の勘違い ガンバレ薬剤師
  7. 「私が頑張らなければ……」の落とし穴 キャリアお悩み相談室
  8. 総合感冒薬3製品の違いをどう説明するか 伊東明彦の「解けるか?薬学生!」
  9. いつも笑顔で真面目な女性が職場で突然泣き出したら 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  10. 代謝を受けやすい医薬品の構造の特徴とは 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」
医師と医学研究者におすすめの英文校正