薬剤師道一直線

一、環境問題を考え行動せよ

 この7月7日から北海道洞爺湖でサミット(先進国首脳会議)が行われる。サミットでは、地球温暖化対策を含めた環境問題が主要テーマの一つになると考えられる。「クールアース推進構想」をはじめ、議長国である日本が国際環境協力において果たす役割は大きい。また、日本人一人ひとりが環境問題について考え、行動することが大切である。
 翻って、われわれ薬剤師を見た場合どうであろうか。薬剤師法第1条には「公衆衛生の向上および増進に寄与し……」とある。公衆衛生にはもちろん環境衛生も含まれる。つまり環境衛生の向上、ひいては地球環境の改善に寄与することが薬剤師の任務でもある。
 薬剤師道を極めんとする者であれば、いや今回は地球人であれば、自分が住むこの地球を守るために何ができるかを考えてほしい。例えば、薬剤師が集まる会議や懇親会の席などで出される食事のときなど、環境を考えれば割り箸(ばし)ではなく、「マイ箸」を使うのが当然であろう。通勤には車ではなく自転車を使い、買い物にはエコバッグを持参する。もちろん、薬局の入り口前の打ち水は日課である。
 しかし、本当に薬剤師としてやらなくてはいけないこと。それは、環境が健康に与える影響を市民、国民にわかりやすく説明し、理解してもらうことである。そして、その先頭に立つべきは、医師でも看護師でもなく、大学で水や空気、廃棄物など環境衛生について学んだ薬剤師なのである。これこそが町の科学者である薬剤師の責務である。
 生まれ来る子供のため、子供たちの未来のため、薬剤師の果たす責任は大きい。医療薬学、臨床薬学と並ぶ「環境・公衆衛生薬学」の重要性は非常に大きい。保険点数が付かないからといって、「そんなのカンキョウねえ!」はもう古い。今月は環境月間である。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 抗結核薬の処方箋

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 甘い抗菌薬が苦手な子ども 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  2. 外用薬の使用開始を薬剤師が判断 第10回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会より
  3. 日本調剤前社長に課徴金納付命令を勧告 トレンド(DIオンライン)
  4. 中医協で「調整支援料の算定少ない」と批判 トレンド(DIオンライン)
  5. 乱用恐れのある医薬品販売、約半数がルール順守せず 2018年度「医薬品販売制度実態把握調査」結果が公表
  6. ブロプレスの後発品に小児用法追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  7. 日医工、セファゾリン安定供給に15億円の投資 安定供給できない多数の要因を学会で発表
  8. 日本の薬局事情はかなり特殊です まいにち薬剤師
  9. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
  10. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
医師と医学研究者におすすめの英文校正