薬剤師道一直線

一、プロに言い訳は禁物

 テニスプレーヤーの伊達公子さんが、この4月に「プロ復帰宣言」を行ったことに驚かれた方も多いのではなかろうか。もっとも、彼女の全盛期を知る筆者にとっては、うれしい限りであるが。また、ちょっと前の話になるが、ハニカミ王子こと石川遼選手が、史上最年少のプロゴルファーとなった。
 では、プロとアマチュアの違いはどこにあるのだろうか。実は「プロとは何か」という問いに対し、プロゴルファーの大先輩でもある青木功選手、大相撲の大横綱・千代の富士関、史上最強の助っ人・元阪神タイガースのランディ・バース選手の3人が、全く同じ答えをしているのが興味深い。いわく、「言い訳をしないのがプロ」なのだそうだ。
 アマチュアは過程、つまり一生懸命努力することに意義があるのに対して、プロは結果がすべてなのである。努力したのに結果が残せなかったことに対する説明──それが言い訳となるのである。
 薬剤師もプロであるのだから、言い訳は絶対に禁物である。忙しかったから、調剤報酬の計算方法が変わったから、厚生労働省の通達だから、薬剤師会ににらまれるから、医者がダメって言うから……などなど。責任はすべて自分にある。「言い訳はしない」という覚悟がない薬剤師は、薬剤師道を極めるどころか、薬剤師を引退すべきである。それがプロの薬剤師としてのおきてであり、国家資格という国民との約束なのである。
 この4月から処方せんの様式が変わった。後発医薬品への変更に関する説明についても決して言い訳をしないように。万が一、後発品で患者さんに不利益が生じたとしても、「医師の印鑑がなかったから」「後発品調剤率を30%以上にしろという国の方針だったから」などと言うようでは薬剤師失格である。ジェネリック品が、薬剤師にとってのジ・エンド品となってもイイワケ?

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 注射を知ろう

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 医師が期待する「服用期間中のフォロー」とは 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」 FBシェア数:121
  2. 「その薬は飲んでない」をどこまで信じるか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:121
  3. インフルエンザに対する漢方薬の効果は? 青島周一の「医療・健康情報を読み解く」 FBシェア数:292
  4. 厚労省が新添付文書記載要領の実例を公表 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:56
  5. アムバロ回収のニュースが患者に及ぼす影響 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:75
  6. 居宅療養管理指導費も10月から引き上げ トレンド(DIオンライン) FBシェア数:75
  7. ファイザーがアムバロ回収、発癌性物質を検出 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:143
  8. 添付文書、2019年4月からどう変わるの? 2017年10月号特集◎変わる添付文書 FBシェア数:0
  9. 調剤基本料の引き上げ、中医協が答申 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:84
  10. 薬剤師が選ぶ抗インフル薬はどれ? DIO読者倶楽部-薬剤師のホンネ- FBシェア数:97
医師と医学研究者におすすめの英文校正