薬剤師道一直線

一、一日の計は掃除にあり

 「一年の計は元旦にあり」──。これは、明代の中国で著された『月令広義』の一節、「一日の計は晨(あした=朝)にあり、一年の計は春にあり、一生の計は勤にあり、一家の計は身にあり」から来ている。では、ここに出てくる「一日の計は晨にあり」とは、薬剤師にとってどのような意味を持つのか。
 薬剤師が朝、最初にすること──それは掃除である。薬局内の汚れをくまなく取り除き、すがすがしくしなければならない。「夜のうちにたまった陰なる気、邪気を払い、陽なる気、生気あふれん場所とする」という陰陽五行説の教えや、感染やコンタミネーション(薬剤への不純物の混合)を防ぐという科学的根拠からも然(しか)りである。
 ところで、薬剤師道を極めんとする薬剤師は、その第一歩としてトイレ掃除を極めなければいけない。師匠からトイレ掃除を教えられ、自分のものとするのである。便器の汚れは何で落とせばよいのか。酸を使うべきか塩基を使うべきか。また、除菌とは、殺菌とは何か。そして消毒との違いとは──といった疑問への解答を、トイレという“教室”で見付け出さなければならないのである。
 しかし、本当に重要なことはほかにある。トイレ掃除をするときは、誰もがぞうきん掛けをするために、頭を下げなければならない。つまり、トイレ掃除を通じて、頭(こうべ)を垂れる謙虚さを忘れないようにすることが大事なのである。
 トイレ掃除のできない薬剤師は薬剤師にあらず。薬剤師にトイレ掃除をさせない薬局は薬局にあらず。もちろん、6年制の薬学部を出た薬剤師とて例外ではない。まずはトイレ掃除からである。
 さあ、ぞうきんをよく絞ろう! 掃除で薬剤師道は極められ、かつ薬局がきれいになり患者さんも喜ぶ。まさに相乗効果(そうじ・よう・こうか)ではないか。

(結城 真吾)

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 生活保護の後発品原則化に思う「悪意なき悪意」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:119
  2. 日薬、薬局を機能で3つに分類するよう提案 第7回医薬品医療機器制度部会より FBシェア数:26
  3. スタチンとフィブラート併用の原則禁忌が解除 腎機能低下患者でも両剤の併用可能に FBシェア数:5
  4. 「医師に相談してください」と言う前に薬剤師として… Inside Outside FBシェア数:0
  5. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:50
  6. 残薬持参患者の約2割は減薬の可能性あり 第51回日本薬剤師会学術大会より FBシェア数:123
  7. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師 FBシェア数:58
  8. 大規模停電を経験して考えたこと 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」 FBシェア数:39
  9. 注目のOTC薬◆ルルアタックTR、パブロン鼻炎ア… トレンド(DIオンライン) FBシェア数:19
  10. 医薬品卸が患者宅に薬を配送する時代が来る? トレンド(DIオンライン) FBシェア数:199
医師と医学研究者におすすめの英文校正