薬剤師道一直線

一、薬剤師道一直線に進むべし

 前号で「原点」について書いた。物事には、原点(はじめ)があれば終点(おわり)もある。この「薬剤師道一直線」も、今回をもって終点、最終回となる。

 もともと、薬剤師道の「道」という言葉は、柔道、剣道、茶道などの「道」である。そして、武士道の「道」でもある。

 武士道に関していえば、「武士道とは死ぬことと見つけたり」という有名な言葉がある。これは元禄時代、佐賀藩の元藩士であった山本常朝が口述し、田代陣基が筆録した「葉隠」の一文である。誤解のないように説明しておくが、これは死を美化したものではなく、「死ぬ気で、命を懸けて物事を行ったときにこそ、真の成果が得られる」という意味である。決して「死=幸せ」ではない。むしろ「生=幸せ」を実践する心得である。

 さて、薬剤師は常に「生」と向き合っている職業であり、「生」に責任をもつ職業である。そこについては、医師との違いはない。しかし、医師と薬剤師では、「生」に対する考え方の方向性が違う。医師は「一人でも多くの人を救う。一人でも多くの人を幸せにする」ことを常に思い、命懸けでそれに臨んでいる。対して、薬剤師は「一人として不幸な人を出さない。誰も不幸せにしない」ことを常に思い、業務に勤しむ。

 薬害など、あってはならない。薬の副作用で人々が苦しんではならない。薬剤師がかかわれば、誰も泣かない。誰も悲しませない。そのためなら、どんな努力も惜しまない。そのためなら、命をも懸ける覚悟がある。そのために、われわれ薬剤師がいる。

 もう一度言う。薬剤師がかかわれば「一人として不幸な人を出さない。誰も不幸せにしない」。これが薬剤師道を極めんとする者の覚悟である。これこそが、薬剤師の目指す道である。薬剤師道、一直線に進むべし。

(結城 真吾)

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 抗結核薬の処方箋

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 湿布薬のみの処方箋を見て考えたこと 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  2. 院内調剤の報酬を巡り議論が紛糾 社保審医療部会で20年度改定基本方針を話し合い
  3. 発熱と嘔吐の乳児に投与する急速輸液は 日経DIクイズ 病院篇
  4. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
  5. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  6. 男性の夜間多尿による夜間頻尿にデスモプレシンは安… 第26回日本排尿機能学会で紛糾
  7. 統合失調症を治療するSDAに初の貼付薬が登場 最新DIピックアップ
  8. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
  9. 甘い抗菌薬が苦手な子ども 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  10. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
医師と医学研究者におすすめの英文校正