コラム一覧

コラム: 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」

コラム: 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」

連載の紹介

医薬品の添付文書にも書いてある「化学構造式」を見る機会はありますか?苦手という方は多いかもしれませんが、化学構造式を興味深く眺めていると、その薬の薬理作用、物性、動態(吸収、代謝、排泄)などを把握する助けになります。医薬品の化学構造式をどのように見て考えたらいいのかについて、一緒に考えていきましょう。

著者プロフィール

清水 忠(兵庫医療大学[神戸市中央区]薬学部准教授)しみず ただし氏。1998年東京工業大学理学部卒業後、同大大学院修士課程、北海道大大学院理学研究科博士課程修了。2008年より兵庫医療大学薬学部で有機化学教育、創薬化学研究に従事し、18年10月より現職。大阪薬科大、徳島大、東京薬科大で非常勤講師を勤めるほか、関西を中心に薬剤師向けの化学構造式研修会を不定期で開催するなど、薬学教育に尽力している。暑い街・群馬県館林市出身。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 点検! 高血圧

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. べージニオ錠にブルーレター トレンド(DIオンライン)
  2. ニフェジピンCR錠は本当に2峰性? 笹嶋勝の「後輩に贈る私の流儀」
  3. 「調剤偏重の薬局が自然淘汰される報酬を」 トレンド(DIオンライン)
  4. トルリシティの重大な副作用に重度の下痢、嘔吐が追… 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  5. 薬の一元管理で処方カスケードを防ぐ Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  6. ミノマイシンを飲んだら○○しちゃダメ!? セキララ告白!個別指導
  7. “ラシックス吸入を開始”に戸惑い 新井翔の「I love 在宅」
  8. 抗菌薬TDMガイドライン2019の改訂ポイント 第67回日本化学療法学会より
  9. セファゾリン供給問題に感染症関連学会どう動く 第67回日本化学療法学会で緊急シンポジウム
  10. 食欲不振や悪心の原因は薬?それとも……。 Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
医師と医学研究者におすすめの英文校正