コラム一覧

コラム: 大野真理子の「アメリカで薬剤師になる!」

コラム: 大野真理子の「アメリカで薬剤師になる!」

連載の紹介

日本の薬学部を卒業後、単身渡米してPharm. D.を取得し、米国の大手薬局チェーンで薬局長を経験、さらにはフロリダ大学で経営学修士(MBA)を取得した大野氏。現在は大手薬局チェーンのウォルグリーンズ傘下のスペシャルティ薬局に勤務する同氏が、米国の薬局や薬局薬剤師の“今”を現地からリポートします。

著者プロフィール

大野真理子(ウォルグリーンズ・スペシャルティ薬局勤務〔米国テキサス州〕)
おおの まりこ氏○1997年武庫川女子大学薬学部卒業。同大学薬化学研究室嘱託助手を経て、2005年米国フロリダ大学卒業、Pharm.D取得。米国ウォルグリーンズに入社し、07年から16年まで薬局長を務める。15年に経営学修士(MBA)取得。16年フロリダ州にてコンサルタント薬剤師免許取得、同年テキサス州薬剤師免許取得。17年よりテキサス州のウォルグリーンズ傘下のスペシャルティ薬局に勤務。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 抗結核薬の処方箋

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 甘い抗菌薬が苦手な子ども 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  2. 外用薬の使用開始を薬剤師が判断 第10回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会より
  3. 日本調剤前社長に課徴金納付命令を勧告 トレンド(DIオンライン)
  4. 中医協で「調整支援料の算定少ない」と批判 トレンド(DIオンライン)
  5. 乱用恐れのある医薬品販売、約半数がルール順守せず 2018年度「医薬品販売制度実態把握調査」結果が公表
  6. ブロプレスの後発品に小児用法追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
  7. 日医工、セファゾリン安定供給に15億円の投資 安定供給できない多数の要因を学会で発表
  8. 日本の薬局事情はかなり特殊です まいにち薬剤師
  9. ゾフルーザ低感受性、小児例で症状が長引く傾向 インフルエンザ診療Next:トピックス
  10. 吸入ステロイドは毎日使わなくてもよい? Lancet誌から
医師と医学研究者におすすめの英文校正