コラム一覧

コラム: 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」

コラム: 大井一弥の「即解!高齢者薬物治療のピットフォール」

連載の紹介

不眠、便秘、慢性痛など高齢患者に多い症状から、薬剤師が見落としがちな薬物治療管理上のピットフォールを、高齢者の薬物治療のエキスパートである大井一弥教授が、分かりやすく解説します。

著者プロフィール

大井一弥(鈴鹿医療科学大学薬学部 病態・治療学分野 臨床薬理学研究室教授)◎おおい・かずや。城西大学薬学部卒。三重大学医学部、四日市社会保険病院薬剤部を経て、2005年4月城西大学薬学部病院薬剤学講座助教授、08年4月鈴鹿医療科学大学薬学部病態・治療学分野臨床薬理学研究室教授、10年4月から薬学科長(2期4年)。14年4月から大学院薬学研究科教授も兼任。日本老年薬学会理事。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 非薬剤師による計量・混合で改善命令 トレンド(DIオンライン)
  2. 台風が迫る中、薬局を開けて考えたこと 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  3. 服用薬剤調整支援料の算定例で多い薬は何か? 第52回日本薬剤師会学術大会より
  4. パーキンソン病に第2の経皮吸収型ドパミンアゴニス… 最新DIピックアップ
  5. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
  6. 【漫画】「数回に分けて」の勘違い ガンバレ薬剤師
  7. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  8. 総合感冒薬3製品の違いをどう説明するか 伊東明彦の「解けるか?薬学生!」
  9. アゼルニジピンを一包化したら○○しちゃダメ! セキララ告白!個別指導
  10. 代謝を受けやすい医薬品の構造の特徴とは 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」
医師と医学研究者におすすめの英文校正