コラム一覧

コラム: 宮崎徹の「関節リウマチの話をしませんか」

コラム: 宮崎徹の「関節リウマチの話をしませんか」

連載の紹介

関節リウマチはこの20年ほどで新薬が多数登場し、その予後は劇的に変わりました。しかし患者の不安が完全に解消されたわけではなく、むしろ服薬指導を担う薬剤師の役割は、より重要になっています。富山の病院でリウマチ治療を18年間見つめてきた宮崎徹氏が、見聞きし、経験してきた治療のあれこれを、病院薬剤師ならではの視点で綴ります。

著者プロフィール

宮崎徹(厚生連高岡病院[富山県高岡市]薬剤部)◎富山県生まれ。1989年に名城大学薬学部を卒業、同大薬学専攻科に進学。専攻科修了後から病院薬剤師として研さんを積み、99年から厚生連滑川病院、2018年から厚生連高岡病院に勤務。現在は関節リウマチと低栄養の治療に関心を持ち、日々奔走。日本リウマチ財団登録薬剤師、日本静脈経腸栄養学会学術評議員・NST専門療法士。座右の銘はPatient-Oriented。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 抗凝固薬の服用を怖がる患者にどう説明する? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  2. 要注意!A/H1N1pdm09ウイルスに変化の兆… インフルエンザ診療Next:トピックス
  3. NPhA、非薬剤師対象eラーニング研修を実施へ トレンド(DIオンライン)
  4. 非薬剤師による計量・混合で改善命令 トレンド(DIオンライン)
  5. 「薬が自由に使えない」をどう思いますか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《8》
  6. 新たなヒト血液型「KANNO」を発見 トレンド◎日本の研究グループでは初、ゲノム解析手法で明らかに
  7. 総合感冒薬3製品の違いをどう説明するか 伊東明彦の「解けるか?薬学生!」
  8. 花粉症のOTC薬を薬局でどう薦める? 第52回日本薬剤師会学術大会より
  9. 寝返りができるまで離乳してはいけない? 泣かせない小児診療ABC
  10. シェア減少もプリビナの首位変わらず NMO処方サーベイ
医師と医学研究者におすすめの英文校正