コラム一覧

コラム: 宮崎徹の「関節リウマチの話をしませんか」

コラム: 宮崎徹の「関節リウマチの話をしませんか」

連載の紹介

関節リウマチはこの20年ほどで新薬が多数登場し、その予後は劇的に変わりました。しかし患者の不安が完全に解消されたわけではなく、むしろ服薬指導を担う薬剤師の役割は、より重要になっています。富山の病院でリウマチ治療を18年間見つめてきた宮崎徹氏が、見聞きし、経験してきた治療のあれこれを、病院薬剤師ならではの視点で綴ります。

著者プロフィール

宮崎徹(厚生連高岡病院[富山県高岡市]薬剤部)◎富山県生まれ。1989年に名城大学薬学部を卒業、同大薬学専攻科に進学。専攻科修了後から病院薬剤師として研さんを積み、99年から厚生連滑川病院、2018年から厚生連高岡病院に勤務。現在は関節リウマチと低栄養の治療に関心を持ち、日々奔走。日本リウマチ財団登録薬剤師、日本静脈経腸栄養学会学術評議員・NST専門療法士。座右の銘はPatient-Oriented。

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 高齢者の薬、ここに注意

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. メトホルミンの添付文書表記は、なぜ標準化eGFR… 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  3. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  4. 日本で経験する逆カルチャーショック まいにち薬剤師
  5. 在宅の算定方法、報告書の書き方を再確認! 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」
  6. 薬剤師にもっと頼ってみて アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  7. 日本にもエマージェンシーリフィルの導入を 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  8. 「お食事は召し上がりましたか」と「ごはん食った?… テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
  9. ピロリ菌の除菌に上限年齢はあるか 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  10. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
医師と医学研究者におすすめの英文校正