コラム一覧

コラム: 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」

コラム: 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」

連載の紹介

「日本の地域医療をこれまで以上に機能させるには、薬局・薬剤師が第3世代(=3.0)に進化することが不可欠」という持論を持つ狭間氏。薬局経営者として、時に臨床医として、多忙ながらも充実した日々を送る狭間氏が、日常のちょっとした場面を切り取りながら、次世代の薬局や薬剤師のあり方を発信します。

著者プロフィール

狭間研至(ファルメディコ株式会社[大阪市北区]代表取締役、思温病院[大阪市西成区]理事長)
はざま けんじ氏。薬局の息子として育ち、大阪大学医学部を卒業して外科医に。2004年、同大学大学院医学系研究科臓器制御外科(博士課程)修了と同時に、実家の薬局を継承。薬局経営を続けながら、医師としては在宅療養診療所勤務を経て、17年1月より思温病院(大阪市西成区)の理事長に就任。薬剤師生涯教育、薬学教育にも積極的に取り組んでいる。

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 高齢者の薬、ここに注意

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  2. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  3. ポジティブは循環する──「P循環」と「N循環」 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  4. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  5. 高齢者の薬物療法を支えるのは、医師と薬剤師の良質… Interview
  6. 薬剤師にもっと頼ってみて アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  7. メトホルミンの添付文書表記は、なぜ標準化eGFR… 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  8. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  9. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  10. 注目のOTC薬◆エンペキュア、大正口内炎チュアブ… トレンド(DIオンライン)
医師と医学研究者におすすめの英文校正