コラム一覧

コラム: 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」

コラム: 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」

連載の紹介

薬剤師の視点から、独自の褥瘡外用療法「FURUTA Methods」を考案し、これまで1000例以上の褥瘡治療に携わってきた古田氏が、治療のポイントや多職種連携の勘所などを解説します。

著者プロフィール

古田勝経(医療法人愛生館小林記念病院[愛知県碧南市]褥瘡ケアセンター センター長)ふるた かつのり氏。1976年名城大学薬学部卒業。国立名古屋病院、旧厚生省生活衛生局食品化学課、国立療養所東名古屋病院、国立長寿医療研究センター薬剤部副薬剤部長、同センター臨床研究推進部高齢者薬物治療研究室長などを経て、2015年から現職。日本褥瘡学会認定褥瘡薬剤師。外用療法研究会理事長、NPO法人褥瘡サミット理事長、慶應義塾大学、名城大学等の非常勤講師などを務める。日本褥瘡学会元理事、教育委員会委員ガイドライングループ(外用薬リーダー)を担当。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 点検! 高血圧

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  2. 油に溶けにくいメトホルミンの吸収率が良いわけ 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」
  3. 3349万円の新薬登場と薬局・薬剤師の将来 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  4. 「調剤偏重の薬局が自然淘汰される報酬を」 トレンド(DIオンライン)
  5. 液体ミルクと新しい「授乳・離乳支援ガイド」 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」
  6. べージニオ錠にブルーレター トレンド(DIオンライン)
  7. 先輩薬剤師・瀬野はなぜ信頼されるのか? アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  8. “ラシックス吸入を開始”に戸惑い 新井翔の「I love 在宅」
  9. ニフェジピンCR錠は本当に2峰性? 笹嶋勝の「後輩に贈る私の流儀」
  10. 抗菌薬TDMガイドライン2019の改訂ポイント 第67回日本化学療法学会より
医師と医学研究者におすすめの英文校正