コラム一覧

コラム: 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」

コラム: 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」

連載の紹介

薬剤師の視点から、独自の褥瘡外用療法「FURUTA Methods」を考案し、これまで1000例以上の褥瘡治療に携わってきた古田氏が、治療のポイントや多職種連携の勘所などを解説します。

著者プロフィール

古田勝経(医療法人愛生館小林記念病院[愛知県碧南市]褥瘡ケアセンター センター長)ふるた かつのり氏。1976年名城大学薬学部卒業。国立名古屋病院、旧厚生省生活衛生局食品化学課、国立療養所東名古屋病院、国立長寿医療研究センター薬剤部副薬剤部長、同センター臨床研究推進部高齢者薬物治療研究室長などを経て、2015年から現職。日本褥瘡学会認定褥瘡薬剤師。外用療法研究会理事長、NPO法人褥瘡サミット理事長、慶應義塾大学、名城大学等の非常勤講師などを務める。日本褥瘡学会元理事、教育委員会委員ガイドライングループ(外用薬リーダー)を担当。

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 フォローアップ事始め

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 調剤料を下げるなら導入してほしいこと 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  2. 選定療養に院内処方や敷地内薬局の調剤を 中医協でパブコメを報告
  3. 厚労省、重要度の高い抗菌薬の情報開示を要求へ メーカーや卸の協力の下、医療機関同士で融通を呼び掛け
  4. ○○手術の前のハルナールはNG!? セキララ告白!個別指導
  5. 薬を交付した薬局薬剤師の言い分 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  6. 支払い側委員が調剤報酬のさらなる議論を要望 トレンド(DIオンライン)
  7. 膀胱炎の考え方と漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
  8. 急ぐ患者と薬剤師はどう向き合うか 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  9. 在宅の基礎、こんな学び方はいかが? 堀籠淳之の「日々是精進!薬剤師道場」
  10. 【漫画】君の名は ガンバレ薬剤師
医師と医学研究者におすすめの英文校正