コラム一覧

コラム: 藤田健二の「薬局の質をものさしで測る」

コラム: 藤田健二の「薬局の質をものさしで測る」

連載の紹介

対物業務から対人業務へと、薬局薬剤師に求められる役割が変化する中、自分たちの業務の「質」について考えたことはあるでしょうか。薬局業務の質を“見える化”する研究を行っている藤田健二氏が、質の評価指標の開発・運用方法などについて、3年目薬局薬剤師の「ごう」と、「はかせ」のやり取りを通じて、分かりやすく解説します。

著者プロフィール

藤田 健二(シドニー大学薬学部博士課程)ふじた けんじ氏。2002年昭和薬科大学卒業。同大大学院修了後、製薬会社に入社し、新薬の探索研究に3年間従事。その後、薬局チェーンの薬局薬剤師として3年間、同社の社内外の学習支援・薬局研究のマネジメント業務に4年従事した後、渡豪。15年6月シドニー大学医学部臨床疫学修士修了。16年3月より同大学薬学部博士課程に在籍中。研究領域は、薬局の質評価指標の開発運用。

ピックアップ

薬剤師の需給予測

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 フォローアップ事始め

Close UpコンテンツPR

後発品をどう選ぶ2017

ログインしていません

  1. 薬剤師に求められる「3つのコンプライアンス」 狭間研至の「Road to 薬剤師3.0」
  2. 薬を交付した薬局薬剤師の言い分 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  3. 調剤料を下げるなら導入してほしいこと 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  4. オンライン服薬指導の鍵はUber!? 薬局経営者奮戦記~社長はつらいよ
  5. 訪日外国人受け入れる医療機関リストを公表 厚労省と観光庁が連携
  6. 選定療養に院内処方や敷地内薬局の調剤を 中医協でパブコメを報告
  7. ○○手術の前のハルナールはNG!? セキララ告白!個別指導
  8. 厚労省、重要度の高い抗菌薬の情報開示を要求へ メーカーや卸の協力の下、医療機関同士で融通を呼び掛け
  9. 【漫画】君の名は ガンバレ薬剤師
  10. 膀胱炎の考え方と漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
医師と医学研究者におすすめの英文校正