コラム一覧

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

連載の紹介

近年、医療現場では多剤併用(ポリファーマシー)が問題となっています。本連載ではポリファーマシーの具体的な症例を提示しながら、薬学的・医学的な問題点を整理するプロセスや、医療従事者と患者が抱いている薬物療法へのイメージのギャップをどう埋めるかについて考えていきます。論文の読み方は、「症例から学ぶ薬剤師のためのEBM」を参照してください。

著者プロフィール

青島周一(病院勤務薬剤師、「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰)
あおしま しゅういち氏 2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て、12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBMスタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録をブログ「地域医療の見え方」などに書き留めている。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 STOP! 調剤過誤 50の工夫

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  2. 添付文書の「原則禁忌」「慎重投与」が廃止 適用は2019年4月1日から、経過措置期間は5年 FBシェア数:837
  3. ディートが使いにくい人や子どもにも使える新しい虫… 薬局なんでも相談室 FBシェア数:39
  4. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  5. パタノール点眼28日分は何mL? セキララ告白!個別指導
  6. オランザピンの適応外使用が可能に トレンド(DIオンライン)
  7. トラムセットとプリンペラン併用はいつまで? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」
  8. 基本料一本化とかかりつけ要件の見直し求める トレンド(DIオンライン)
  9. 図々しい実務実習生でもいいですか 日本薬学生連盟の「薬学生の主張」
  10. 一般名処方での先発品名の併記は避けてほしい 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」