コラム一覧

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

コラム: 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」

連載の紹介

近年、医療現場では多剤併用(ポリファーマシー)が問題となっています。本連載ではポリファーマシーの具体的な症例を提示しながら、薬学的・医学的な問題点を整理するプロセスや、医療従事者と患者が抱いている薬物療法へのイメージのギャップをどう埋めるかについて考えていきます。論文の読み方は、「症例から学ぶ薬剤師のためのEBM」を参照してください。

著者プロフィール

青島周一(病院勤務薬剤師、「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰)
あおしま しゅういち氏 2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て、12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBMスタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録をブログ「地域医療の見え方」などに書き留めている。

ログインしていません

日経DI最新号のご案内

日経DI最新号のご案内 実録!かかりつけ薬剤師

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

  1. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:326
  2. 「急いでいるんだよ!」と患者さんに言われて 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 FBシェア数:316
  3. クオールの中村会長が処方箋付け替え問題で謝罪 トレンド(DIオンライン)
  4. インデラルで指導された意外な嗜好品とは? セキララ告白!個別指導
  5. 優秀賞◆分包紙をセットして引っ張るだけできれいに… 2017年5月号特集◎第4回日経DI薬局ツールグランプリ 結果発表
  6. 海外在住=英語ペラペラじゃありませんから! マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」
  7. 慢性湿疹への漢方処方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」
  8. インターン研修の応募倍率25倍の人気薬局 世界薬局・薬学部探訪記
  9. 新薬8成分18品目の薬価収載へ トレンド(DIオンライン)
  10. 毎日ダイエットソーダを飲むと脳卒中や認知症のリス… まいにち薬剤師