開業と経営TOP

裁判官が語る医療訴訟の実像

裁判官が語る医療訴訟の実像

連載の紹介

医療訴訟が提起されたらどのようなプロセスを経て和解や判決に至るのか、個々の裁判に影響を与えるリーディング・ケース(重要判例)とは――。大阪地裁で医療訴訟を専門に取り扱った経験を持つ著者が、これまでの経験を踏まえ、医療訴訟の実像を分かりやすく紹介します。

著者プロフィール

おおしま しんいち氏●1984年神戸大学法学部卒、司法修習生(38期)。京都地裁判事、大阪高裁判事、神戸大学法科大学院教授、大阪地裁判事などを経て、2017年徳島地家裁所長、2018年11月より奈良地家裁所長。大阪地裁では医療訴訟を扱う医事部の総括を務めた。『Q&A医療訴訟』(判例タイムズ社)などの著書がある。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  2. 咳嗽診療、どこから「本気」を出す? 喘息・咳喘息診療アップデート
  3. とがった新人にナイスなおばちゃんナース 病院珍百景
  4. 延命治療の回避に努めるのが医療者の役割 インタビュー◎看取りの最前線に立つ救急医にこそ緩和ケアの視点を
  5. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  6. 授乳中の服薬は控えた方がいい? Monthly Selection ~ 日経DIプレミアム版より
  7. 安定狭心症患者に対する鍼治療のRCT JAMA Intern Med誌から
  8. 「東京2020」を機にHIV感染対策の強化を 記者の眼
  9. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  10. 40歳代男性。長引く咳 日経メディクイズ●胸部X線
医師と医学研究者におすすめの英文校正