開業と経営TOP

裁判官が語る医療訴訟の実像

裁判官が語る医療訴訟の実像

連載の紹介

医療訴訟が提起されたらどのようなプロセスを経て和解や判決に至るのか、個々の裁判に影響を与えるリーディング・ケース(重要判例)とは――。大阪地裁で医療訴訟を専門に取り扱った経験を持つ著者が、これまでの経験を踏まえ、医療訴訟の実像を分かりやすく紹介します。

著者プロフィール

おおしま しんいち氏●1984年神戸大学法学部卒、司法修習生(38期)。京都地裁判事、大阪高裁判事、神戸大学法科大学院教授、大阪地裁判事などを経て、2017年徳島地家裁所長、2018年11月より奈良地家裁所長。大阪地裁では医療訴訟を扱う医事部の総括を務めた。『Q&A医療訴訟』(判例タイムズ社)などの著書がある。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 中堅スタッフの「残業逃れ」で募る不公平感 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:35
  2. 4月から有給取得義務化、あなたの職場は大丈夫? 記者リポート FBシェア数:172
  3. 生後27日、女児。腹部膨満、哺乳不良。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  4. 順天堂大では2年間で165人が入試不正の影響 NEWS FBシェア数:97
  5. 患者の異変を見て見ぬふり? アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:82
  6. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:33
  7. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:103
  8. 13歳女性。左前腕から肘にかけての痛み 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 米国の心疾患病院ランキングと治療成績比較 JAMA Cardiology誌から FBシェア数:36
  10. 数多く存在するARBは、その特徴も様々 清水忠の「薬のカタチを楽しもう!」 FBシェア数:49
医師と医学研究者におすすめの英文校正