開業と経営TOP

連載: GISで読み解く開業激戦区情報

連載: GISで読み解く開業激戦区情報

連載の紹介

地図上に性別・年代別人口、推計患者数、事業所数など様々な情報をプロットした地図情報システム(GIS)は、近年、新規開業などの事業計画立案に盛んに用いられています。このGISを活用したサービスを提供している技研商事インターナショナルに、大都市圏などでの診療所の需給バランスを解説してもらいます。

著者プロフィール

技研商事インターナショナル●GISを用いたエリアマーケティングソリューションを開発・提供する。顧客は医療・介護事業者だけでなく、小売業、飲食チェーン、不動産、消費財メーカーなど様々な業界に及ぶ。主力サービスの一つである「Market AnalyzerTM」は1800社に、3900ライセンスの導入実績がある。http://www.giken.co.jp/

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  2. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
  3. 今年の試験会場はどこ?失敗しないホテル選び 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  4. しばしば誤嚥性肺炎の原因となる意外なあの疾患 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  5. 「死ぬ」ということ うさコメント!
  6. 患者を突き放す言葉「そんなに痛いわけない!」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《2》
  7. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  8. 運動は中高年から始めても遅くない BMJ誌から
  9. 「○○は否定できない」では患者は救われない 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《3》
  10. 遺伝子治療に沸く米国と足をすくませる日本 記者の眼
医師と医学研究者におすすめの英文校正