開業と経営TOP

連載: ある日院長が倒れたら

連載: ある日院長が倒れたら

連載の紹介

診療所経営を軌道に乗せたものの、院長が病に倒れ長期休診、場合によっては志半ばで閉院を余儀なくされることもあります。そうした事態に陥ったとき、どんな対応を取ればよいのか、普段から行っておくべきリスク管理とは――。診療所運営支援の経験豊富な専門家が実例を基に解説します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診断が付かないめまい症の多くはPPPDだった トレンド◎変わるめまいの診断基準 FBシェア数:413
  2. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認 FBシェア数:351
  3. ディオバン論文不正事件で判決、二審も無罪 薬事法違反を巡る裁判で一審を支持 FBシェア数:77
  4. 医師人生に影響した1冊、1位はやっぱり… 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:18
  5. 研修医の開花の瞬間 病院珍百景 FBシェア数:31
  6. インフルエンザ、流行ウイルスはA/H1N1pdm… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:1
  7. 地方の医学部を「自動車学校」化しないために Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:52
  8. 急性弛緩性麻痺が108例に、15年多発時に迫る パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:38
  9. 緩和ケアは完全な終末期に行うものではない シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《3》 FBシェア数:134
  10. ご存じですか、バイオシミラー 記者の眼 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正