このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

治療の根拠は何ですか? 胃がんの治療を変えた臨床試験

連載一覧

第2回SPIRITS試験でS-1+シスプラチン併用療法が進行再発胃がんの第1選択に

 S-1(商品名ティーエスワン:TS-1)は、進行再発胃がん患者を対象とした臨床試験(治験)で高い奏効率(44-54%)と生命延長効果(8カ月)が認められ、1999年に厚生労働省の認可を受け発売されました。S-1はテガフール(Tegafur:初...<詳細>

第1回日本における進行再発胃がんの標準治療を最初に確定したJCOG9912試験

 大規模な臨床研究にはニックネームが付いています。たとえばJCOG9912試験のJCOGとは日本臨床腫瘍研究グループ(Japan Clinical Oncology Group)の略称で、全国のがんセンターなど、がんの研究専門施設を中心とした臨床試験グループ...<詳細>

はじめにステージ4の胃がんと診断され、化学療法を勧められました。何を根拠に治療が行われるのですか?

 「胃癌治療ガイドライン」には、切除不能・進行再発胃癌に対して推奨される化学療法(レジメン)が明記されています。いずれもエビデンスレベルの高い臨床研究の結果から推奨されたレジメンです。...<詳細>