このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

がん診療の現場から

連載一覧

T氏からくる定期便で尋ねられることは?

 T氏から定期便のメールが届きました。彼は約5年前に化学療法後に膵臓がんの手術をして、再燃した患者さんです。<詳細>

ノーベル賞と免疫チェックポイント阻害薬

 2018年12月10日、ストックホルムで、ノーベル賞の授賞式が行われました。ノーベル医学生理学賞が授与されたのは、京都大学の本庶佑氏と、米テキサス大MDアンダーソンがんセンターのジェームズ・アリソン氏です。「免疫チェックポイ...<詳細>

肺結核の研究が基礎となった免疫学が進行がんの未来を拓く

 昔、と言っても数十年ほど前のことですが、肺結核が「死の病」と恐れられていたころ、医学者はこぞって免疫の研究に走っていました。不治の病となると、研究者は人間が自ら持つ治癒力の活性化を望むのが常なのです。肺結核について...<詳細>

がん性腹水を無理にがまんしないことの意味

 がんの種類を問わず、進行して終末期になると、悪性の胸水・腹水が貯留して患者さんを苦しめます。医師は症状の緩和を目指して立ち向かうのですが、むなしく敗北することが多くあります。<詳細>

全身状態や呼吸状態の指標よりも患者の望むことこそ大切

 日本がんサポーティブケア学会(JASCC)に参加する機会を得て福岡に行きました。田村和夫会長(福岡大学総合医学研究センター教授)の卓越した見識で構成された内容はワクワクするもので、初日の朝から「症状から系統的に学ぶ『呼吸...<詳細>

「何かすごい医療」にすがる前に今ある医療を最大限活用し、自分らしく生きる