このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
  • 進行食道癌の1次治療として化学療法とペムブロリズマブの併用療法が欧州で承認、CPS10以上に限定(2021.06.30)
  • DNA損傷応答が欠失したmCSPCを対象にtalazoparibとエンザルタミドの併用を評価するフェーズ3が開始(2021.06.24)
  • 残存・再発子宮頸癌の1次治療で化学療法±ベバシズマブにペムブロリズマブの追加でOSとPFSが有意に延長(2021.06.23)
  • 非ホジキンリンパ腫を対象にcopanlisibとリツキシマブの併用療法が欧米で申請(2021.06.22)
  • 高リスクHER2陽性乳癌の術前療法で標準療法にアテゾリズマブを加えてもpCR率は増加せず(2021.06.20)
  • HER2陽性進行乳癌の1次治療としてT-Dxdとペルツズマブの併用あり/なしをTHP療法と直接比較するフェーズ3が開始(2021.06.15)
  • sabatolimabとHMAの併用は高リスク/超高リスクMDSと新規診断AMLの両方で良好な忍容性と持続的な効果を示す【EHA 2021】(2021.06.15)
  • 治療歴の多い多発性骨髄腫にiberdomide+デキサメタゾン+ダラツムマブまたはボルテゾミブまたはカルフィルゾミブの3剤併用療法は有望【EHA 2021】(2021.06.15)
  • 再発・難治性FLへのCD19標的CAR-T細胞療法薬axicabtagene ciloleucelは実地臨床データと比較して高い効果を確認【EHA 2021】(2021.06.15)
  • 濃厚な前治療歴がある患者を含む再発・難治性DLBCL患者にnaratuximab emtansineとリツキシマブの併用療法が有望【EHA 2021】(2021.06.15)
  • 高齢者と併存疾患のあるCLLの初回治療はイブルチニブとベネトクラクスの併用がchlorambucilとオビヌツズマブの併用より有効【EHA 2021】(2021.06.15)
  • 再発・難治性のCLL/SLLでzanubrutinibはイブルチニブよりも高い奏効率とPFS延長を示し心房細動発生率が低い【EHA 2021】(2021.06.15)
  • 移植不適格な新規診断多発性骨髄腫でD-Rd療法はRd療法よりも全生存期間を有意に延長【EHA 2021】(2021.06.15)
  • 治療歴濃厚な再発・難治性の多発性骨髄腫に対するelranatamabの皮下投与は安全でORRは75%、CR/sCR率は30%【ASCO 2021】(2021.06.14)
  • 前治療数の多い再発・難治性の多発性骨髄腫に対するtalquetamabのフェーズ2推奨用量は安全で奏効率は70%【ASCO2021】(2021.06.14)
  • 多くの治療歴を有する再発・難治性の多発性骨髄腫に対するteclistamabは安全で効果は持続的【ASCO2021】(2021.06.14)
  • 併存疾患を有する未治療のCLL患者に対するベネトクラクス+オビヌツズマブは治療完了から3年後のPFS率が74%に【EHA 2021】(2021.06.14)
  • EZH1とEZH2の二重阻害薬valemetostatが再発・難治性のATLとPTCLに良好な抗腫瘍効果【EHA 2021】(2021.06.14)
  • 再発・難治性大細胞型B細胞リンパ腫の2次治療でCAR-T細胞が標準療法より有効、化学療法と移植を上回るのは初(2021.06.14)
  • 未治療CLLへのアカラブルチニブ単剤またはアカラブルチニブとオビヌツズマブ併用の有効性が4年観察でも確認【EHA 2021】(2021.06.14)
  • 急性骨髄性白血病に経口アザシチジンの維持療法はNPM1変異とFLT3変異に関わりなく有意に生存を改善【EHA 2021】(2021.06.14)
  • 葉酸受容体陽性の卵巣癌に新規蛍光剤OTL38による術中画像診断は病変検出に有用【ASCO 2021】(2021.06.13)
  • 限局性筋層浸潤性膀胱癌に対するデュルバルマブ+tremelimumabによる免疫療法と放射線療法の併用が奏効と膀胱温存に有望【ASCO 2021】(2021.06.13)
  • NTRK融合遺伝子陽性の中枢神経系腫瘍においてラロトレクチニブは迅速かつ持続的な病勢コントロール示す【ASCO 2021】(2021.06.13)
  • RAS野生型進行大腸癌の1次治療でmFOLFOXIRI+セツキシマブはmFOLFOXIRI+ベバシズマブより深い奏効【ASCO 2021】(2021.06.13)
  • TURBT+シスプラチン併用化学療法+ニボルマブで厳格な臨床的CRを達成した筋層浸潤性膀胱癌は膀胱切除を回避できる可能性(2021.06.13)
  • 再発・難治性の濾胞性リンパ腫にCD19標的CAR-T細胞療法Tisagenlecleucel単回投与の奏効率は86%【ASCO 2021】(2021.06.13)
  • de novoの転移を有する去勢感受性前立腺癌でADT+ドセタキセルへのアビラテロンの追加によりrPFSが2.5年延長【ASCO 2021】(2021.06.13)
  • 再発・難治性多発性骨髄腫にBCMA標的CAR-T細胞ciltacabtagene autoleucelは中央値18カ月の観察でより高い奏効率を示す【ASCO 2021】(2021.06.13)
  • BRAF V600変異陽性進行悪性黒色腫にエンコラフェニブ+ビニメチニブ療法は長期の生存延長効果【ASCO 2021】(2021.06.12)
  • 既治療高リスクCLLへのアカラブルチニブはイブルチニブにPFSで非劣性、心房細動は有意に少ない【ASCO 2021】(2021.06.12)
  • 標準治療に抵抗性のHER2高発現進行大腸癌へのT-DXdの抗腫瘍効果は持続的、IHC3+で高い効果【ASCO 2021】(2021.06.12)
  • HR陰性HER2陽性乳癌に12週間のペルツズマブ+トラスツズマブ+パクリタキセルによる術前補助療法は良好な生存を示す【ASCO 2021】(2021.06.12)
  • 既治療の放射性ヨウ素治療抵抗性の分化型甲状腺癌患者でカボザンチニブがPFSを有意に延長【ASCO 2021】(2021.06.12)
  • PARP阻害薬抵抗性の卵巣癌にWee1阻害薬adavosertib単剤およびオラパリブとの併用は有効【ASCO 2021】(2021.06.12)
  • 進行鼻咽腔癌の1次治療で抗PD-1抗体camrelizumabとゲムシタビン+シスプラチンの併用がPFSを延長【ASCO 2021】(2021.06.12)
  • 慢性リンパ性白血病/小リンパ球性リンパ腫の初回治療にイブルチニブとベネトクラクスの併用療法は高い効果【ASCO 2021】(2021.06.12)
  • 化学放射線療法後に化学療法を追加しても局所進行子宮頸癌のOSとPFSの改善は見られず【ASCO 2021】(2021.06.11)
  • NSCLCの術前療法でのニボルマブと化学療法の併用は根治切除割合が高く肺全摘は少なくて済む可能性【ASCO 2021】(2021.06.11)
  • 閉経後のHR陽性早期乳癌で術後内分泌療法のAIを5年間追加投与するベネフィットはMammPrintの低リスク患者で大きい【ASCO 2021】(2021.06.11)
  • HR陽性HER2陰性早期乳癌で内分泌療法の反応により化学療法追加の必要性が判断できる可能性【ASCO 2021】(2021.06.11)
  • 進行悪性黒色腫に対する1次治療としてニボルマブとイピリムマブの併用療法は持続的なOS改善効果をもたらす【ASCO 2021】(2021.06.11)
  • 術前化学療法後に浸潤性残存病変を認めるTNBCのiDFSでプラチナ製剤はカペシタビンに非劣性も優越性も示せず【ASCO 2021】(2021.06.11)
  • 進行腎細胞癌へのペムブロリズマブとアキシチニブ併用の効果は42カ月超の観察期間でもスニチニブを上回る【ASCO 2021】(2021.06.11)
  • MSI-H・dMMRの進行大腸癌の1次治療でペムブロリズマブは有意なOS延長を示せず、クロスオーバーが影響か【ASCO 2021】(2021.06.11)
  • EGFR-TKI耐性のEGFR変異陽性進行非扁平上皮NSCLCへのニボルマブは化学療法よりPFSは短くOSは同等【ASCO 2021】(2021.06.10)
  • 70遺伝子シグネチャーで超低リスクの早期乳癌では8年時の無遠隔転移期間と乳癌特異的生存期間が良好【ASCO 2021】(2021.06.10)
  • II期からIIIA期の非小細胞肺癌の術後補助療法でアテゾリズマブは有意に無病生存期間を延長【ASCO 2021】(2021.06.10)
  • EGFR変異陽性NSCLCの術後補助療法としてのゲフィチニブは化学療法よりDFSとOSを有意に延長できず【ASCO 2021】(2021.06.10)
  • 進行悪性黒色腫の1次治療でrelatlimabとニボルマブの併用はニボルマブ単剤よりPFSを2倍以上延長【ASCO 2021】(2021.06.10)
  • 腎細胞癌の術後補助療法としてのペムブロリズマブ投与は再発または死亡のリスクを32%低減【ASCO 2021】(2021.06.10)
  • 177Lu-PSMA-617+標準治療が既治療PSMA陽性mCRPC患者のrPFSとOSを有意に延長【ASCO 2021】(2021.06.10)
  • 再発・転移性鼻咽頭癌への1次治療でゲムシタビン+シスプラチンへのtoripalimab上乗せはPFS、ORRを有意に改善【ASCO 2021】(2021.06.10)
  • 濃厚な前治療を受けた進行胃癌患者にエリブリンのリポソーム製剤E7389-LFが忍容可能で抗腫瘍効果も有望な可能性【ASCO 2021】(2021.06.09)
  • HER2陽性の既治療進行胃癌へのトラスツズマブ デルクステカンの有効性がより明確に【ASCO 2021】(2021.06.09)
  • 進行食道扁平上皮癌の1次治療でニボルマブと化学療法またはイピリムマブの併用はOSを有意に延長【ASCO 2021】(2021.06.09)
  • 進行食道扁平上皮癌の1次治療で抗PD-1抗体camrelizumabと化学療法の併用はOSとPFSを有意に延長【ASCO 2021】(2021.06.09)
  • 術前化学放射線療法を受けた食道癌の術後補助療法でのニボルマブは無遠隔転移生存期間とPFS2を延長【ASCO 2021】(2021.06.09)
  • 進行胃癌1次治療でのニボルマブと化学療法の併用は化学療法のみより全てのサブグループでOSを延長【ASCO 2021】(2021.06.09)
  • 局所進行膵癌への1次選択薬は現時点では未確定、ゲムシタビンとnab-パクリタキセルの併用、mFOLFIRINOXを比較【ASCO 2021】(2021.06.09)
  • BRCA変異陽性HER2陰性の高リスク早期乳癌の術後療法としてオラパリブはIDFSとDDFSを有意に延長【ASCO 2021】(2021.06.09)
  • 閉経後HR陽性HER2陰性進行乳癌にribociclibとフルベストラントの併用療法は1次・2次治療でもOSを改善【ASCO 2021】(2021.06.08)
  • 治療歴を有する進行・転移性の滑膜肉腫に対するAnlotinibはダカルバジンと比較してPFSを有意に改善【ASCO 2021】(2021.06.08)
  • 1次治療のアベルマブ+アキシチニブで増悪した進行RCCにおいて2次治療を受けた患者のOSは受けなかった患者より長い【ASCO 2021】(2021.06.08)
  • 進行NSCLCでTPS 1-49%の患者のほとんどのサブグループで化学療法+IOがIO単剤よりもOSとPFSを延長、FDAの探索的な統合解析【ASCO 2021】(2021.06.08)
  • 未治療の進行腎細胞癌にアベルマブ+アキシチニブは全てのIMDCリスクグループで有効、長期結果【ASCO 2021】(2021.06.08)
  • ハイリスク多発性骨髄腫に対するallo HCTの移植前処置として強度を弱めたフルダラビン+メルファラン+ボルテゾミブは安全【ASCO 2021】(2021.06.08)
  • 進行尿路上皮癌の1次化学療法後にアベルマブ維持療法は腫瘍の部位や分子サブタイプに関わらず有効【ASCO 2021】(2021.06.08)
  • 再発・難治性B細胞急性リンパ性白血病にCD19標的CAR-T細胞療法KTE-X19は高い効果と安全性を示す【ASCO 2021】(2021.06.08)
  • nab-パクリタキセルとカルボプラチンの併用療法は高齢者の化学療法未施行進行扁平上皮肺癌のOSを有意に延長【ASCO 2021】(2021.06.07)
  • RET融合遺伝子陽性進行NSCLCへのselpercatinibの効果は持続的で忍容性も高い【ASCO 2021】(2021.06.07)
  • 進行NSCLCの1次治療でニボルマブ・イピリムマブ併用の効果は4年観察でもPD-L1、組織型に関わらず持続的【ASCO 2021】(2021.06.07)
  • Ph陽性の急性リンパ性白血病にポナチニブとブリナツモマブの併用療法は有望【ASCO 2021】(2021.06.07)
  • EGFR阻害薬に抵抗性となったEGFR変異陽性NSCLCに抗HER3抗体薬物複合体HER3-DXdが有効な可能性【ASCO 2021】(2021.06.07)
  • ER陽性HER2陰性進行乳癌に対する1次治療のAI+パルボシクリブ、PFSは内分泌療法抵抗性の状態に依存【ASCO 2021】(2021.06.07)
  • オシメルチニブ後のEGFR変異陽性進行NSCLCへのamivantamabとlazertinib併用の有効性はIHC法で同定可能【ASCO 2021】(2021.06.07)
  • HR陽性HER2陰性進行乳癌にパルボシクリブとフルベストラントの併用はOSを延長、観察期間6年以上の結果【ASCO 2021】(2021.06.07)
  • 高リスクのHR陽性早期乳癌の術後補助療法でアベマシクリブと内分泌療法の併用は術前化学療法を受けた患者でも有効【ASCO 2021】(2021.06.07)
  • アベルマブによる維持療法は開始タイミングに関わらず進行尿路上皮癌の1次化学療法後の生存を延長【ASCO 2021】(2021.06.06)
  • 進行尿路上皮癌に対する1次治療後の維持療法でアベルマブ+BSCは次治療終了までの期間も延長【ASCO 2021】(2021.06.06)
  • 進行NSCLCへのニボルマブ・イピリムマブ・化学療法短期間併用の効果は持続的、PD-L1が1%未満の扁平上皮癌で特に良好【ASCO 2021】(2021.06.06)
  • ciltacabtagene autoleucelは前治療数1-3の再発・難治性の多発性骨髄腫に迅速で深い寛解をもたらす【ASCO 2021】(2021.06.06)
  • 進行胃・食道胃接合部癌、食道腺癌の1次治療としてニボルマブ+化学療法は化学療法のみと比べて健康関連QOLを維持【ASCO 2021】(2021.06.06)
  • 既治療KRAS G12C変異陽性NSCLCへのsotorasibの効果はサブグループでも確認、同時発生変異で効果が変わる可能性も【ASCO 2021】(2021.06.06)
  • 治療抵抗性の慢性期慢性骨髄性白血病へのポナチニブは45mgで開始し効果に応じて15mgに減量するレジメンが最適【ASCO 2021】(2021.06.06)
  • 再発・難治性の濾胞性リンパ腫に対するzandelisibは忍容性良好でPOD24患者でも高い奏効率【ASCO 2021】(2021.06.05)
  • 再発・難治性の低悪性度B細胞性腫瘍に対するzandelisib間歇投与とzanubrutinibの併用療法は忍容性良好で奏効率100%【ASCO2021】(2021.06.05)
  • 日本人の未治療ALK転座陽性NSCLCへの1次治療でアレクチニブはクリゾチニブとOSで有意差を示さず【ASCO 2021】(2021.06.05)
  • 切除不能III期NSCLCへの化学放射線療法後の維持療法としてデュルバルマブは5年OSを約10%改善【ASCO 2021】(2021.06.05)
  • 進行HER2陽性胃癌の1次治療でトラスツズマブと化学療法にペムブロリズマブの併用で奏効率と奏効の深さが上昇【ASCO 2021】(2021.06.05)
  • 高齢者の進行・再発胃癌の1次治療でS-1+ラムシルマブ療法が有効な可能性【ASCO 2021】(2021.06.05)
  • FGFR2b陽性進行胃癌の1次治療でbemarituzumabとmFOLFOX6の併用はFGFR2bの過剰発現が高いほど有効な可能性【ASCO 2021】(2021.06.05)
  • 経口HSP90阻害薬pimitespibが既治療の進行消化管間質腫瘍のPFSをプラセボよりも有意に延長【ASCO 2021】(2021.06.05)