このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
  • BRAF V600変異陽性進行悪性黒色腫を対象にベムラフェニブ・cobimetinib・アテゾリズマブ併用が米国で承認(2020.07.31)
  • ペムブロリズマブのトリプルネガティブ乳癌に関する2件の適応拡大申請がFDAに受理(2020.07.31)
  • レンバチニブの切除不能な胸腺癌への適応拡大を申請(2020.07.31)
  • 閉経後HR陽性HER2陰性のPIK3CA変異を持つ進行乳癌を対象にPI3K阻害薬alpelisibが欧州で承認(2020.07.30)
  • 再発・難治性多発性骨髄腫を対象にBCMA標的CAR-T細胞療法薬ide-celがFDAに再度申請(2020.07.30)
  • 進行腎癌対象アテゾリズマブとベバシズマブ併用、HER2陽性早期乳癌対象T-DM1とペルツズマブ併用の開発を中止(2020.07.28)
  • BTK阻害薬acalabrutinibがCLLを対象に欧州で承認推薦(2020.07.28)
  • 進展型小細胞肺癌の1次治療で化学療法とデュルバルマブの併用療法が欧州で承認推薦(2020.07.27)
  • 標準治療後の多発性骨髄腫を対象に抗BCMA抗体薬物複合体belantamab mafodotinが欧州で承認に肯定的な意見(2020.07.27)
  • CAR-T細胞療法薬brexucabtagene autoleucelがマントル細胞リンパ腫を対象に米国で承認(2020.07.27)
  • 治癒切除後大腸癌のctDNA陽性患者でFTD/TPIの効果を評価する医師主導治験ALTAIR試験が開始へ(2020.07.13)
  • 進行卵巣癌の1次治療でベバシズマブ、パクリタキセル、カルボプラチンにアテゾリズマブの追加投与はPFSを延長せず(2020.07.13)
  • 第1・2世代EGFR-TKI治療後のT790M変異陰性肺癌でのオシメルチニブを評価する患者提案型医師主導治験が開始へ(2020.07.09)
  • EZH2阻害薬タゼメトスタットがEZH2遺伝子変異陽性濾胞性リンパ腫を対象に申請(2020.07.09)
  • BRCA変異を持つ進行膵癌の1次治療後の維持療法としてオラパリブが欧州で承認、日本は申請中(2020.07.09)
  • MDSを対象に経口DNAメチル化阻害配合薬ASTX727が米国で承認(2020.07.08)
  • BRAF変異陽性進行大腸癌の1次治療としてビニメチニブ、エンコラフェニブ、セツキシマブの併用が有効な可能性【WCGC2020】(2020.07.04)
  • MMR-Pの進行難治性大腸癌にレゴラフェニブとニボルマブの併用がある程度の効果を示す【WCGC2020】(2020.07.04)
  • 早期大腸癌の術後補助療法はT4患者以外にはCAPOXの3カ月投与で良い可能性【WCGC2020】(2020.07.04)
  • BRAF変異陽性大腸癌でエンコラフェニブとセツキシマブの併用、ビニメチニブを加えた3剤併用でCEAの低下はOS改善に関連【WCGC2020】(2020.07.04)
  • 日本人進行胃癌に対するニボルマブの臨床効果を実臨床でも確認【WCGC2020】(2020.07.03)
  • ripretinibは3次治療後に時間があいたGISTにも有効な可能性【WCGC2020】(2020.07.03)
  • 進行胆嚢癌の2次治療としてカペシタビン+イリノテカンとイリノテカン単剤の有効性は同様の可能性【WCGC 2020】(2020.07.03)
  • 進行膵癌の1次治療としてNALIRIFOXが有用な可能性【WCGC2020】(2020.07.02)
  • BRCA変異を持つ進行膵癌の維持療法としてのオラパリブの有効性に年齢は影響しない可能性【WCGC2020】(2020.07.02)
  • 治療開始後に肝機能が低下した肝細胞癌患者でもカボザンチニブは安全に投与継続できOSは有意に改善【WCGC2020】(2020.07.02)
  • 切除不能肝細胞癌1次治療でのアテゾリズマブとベバシズマブ併用の効果は高齢者でも同等【WCGC2020】(2020.07.02)
  • 抗TROP2抗体薬物複合体DS-1062のフェーズ1でトリプルネガティブ乳癌患者への投与を開始(2020.07.02)
  • アベルマブが進行尿路上皮癌の1次治療の維持療法として米国で承認(2020.07.01)
  • 経口ヘッジホッグ経路阻害薬glasdegibが標準的治療不適のAMLを対象に欧州で承認(2020.07.01)