このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
  • HER2陽性HR+閉経後進行乳癌にペルツズマブ、トラスツズマブとAIの併用がより有効な可能性【SABCS2016】(2016.12.19)
  • AI抵抗性HR+HER2陰性閉経後進行乳癌にフルベストラントとエベロリムス併用が有効な可能性【SABCS2016】(2016.12.19)
  • HR+閉経後早期乳癌への術後補助療法後のアロマターゼ阻害薬5年追加でDFS延長傾向【SABCS2016】(2016.12.16)
  • トラスツズマブとタキサン既治療のHER2陽性進行乳癌にはHXよりもLXの方が有用である可能性【SABCS2016】(2016.12.16)
  • 慢性骨髄性白血病のTKI中止で2年後も5割は分子遺伝学的な無再発生存を継続【ASH2016】(2016.12.08)
  • 脳転移を有するEGFR遺伝子変異陽性NSCLCでEGFR-TKIが頭蓋内PFSを改善【WCLC2016】(2016.12.08)
  • NSCLCの1次治療でニボルマブ+イピリムマブが高い効果、長期追跡結果【WCLC2016】(2016.12.08)
  • オシメルチニブがEGFR T790M変異陽性NSCLCに臨床的意義のある効果、AURA3試験【WCLC2016】(2016.12.08)
  • 治療歴がある再発・難治性多発性骨髄腫でdaratumumabのレナリドミド+デキサメタゾンへの追加は有意にPFSと奏効率を改善【ASH2016】(2016.12.07)
  • TKIの投与で長期間MR3以上が得られたCML患者ではTKIを半量にしても多くの患者で効果を維持【ASH2016】(2016.12.07)
  • 未治療の濾胞性リンパ腫にはobinutuzumabベースの治療がリツキシマブベースの治療よりもPFSを延長【ASH2016】(2016.12.06)
  • 移植非適応の未治療多発性骨髄腫へのレナリドミドとデキサメタゾンの継続療法はOSも延長【ASH2016】(2016.12.05)
  • CD30陽性皮膚T細胞リンパ腫へのブレンツキシマブ ベドチンの効果は大きい【ASH2016】(2016.12.05)