このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
  • プロテアソーム阻害薬ボルテゾミブがマントル細胞リンパ腫へ適応拡大(2015.06.30)
  • 欧州でもペルツズマブを用いた乳癌術前補助療法が承認に近づく(2015.06.30)
  • 欧州CHMPが多発性骨髄腫の治療薬としてpanobinostatに肯定的意見(2015.06.29)
  • 化学療法抵抗性RAS野生型で転移のある大腸癌に対しパニツムマブはOSを有意に改善(2015.06.23)
  • 子宮頸がんは死亡率増加、肝がんは死亡率減少が大幅に加速(2015.06.23)
  • メディネットが九州大学から成人T細胞白血病の治験薬ATL-DC-101の製造支援業務の委託を受ける(2015.06.22)
  • ベースラインのAFP値上昇進行肝細胞癌対象に抗VEGFR2抗体ラムシルマブの新たなフェーズ3試験が開始へ(2015.06.22)
  • 切除不能な進行・再発の胃癌を対象にラムシルマブが発売(2015.06.22)
  • 真性多血症患者の80%がルキソリチニブで長期の寛解を達成、EHAで発表(2015.06.16)
  • ボルテゾミブとIMiDを含む治療歴のある多発性骨髄腫に対しpanobinostat追加でPFSが7.8カ月延長(2015.06.16)
  • 急性骨髄性白血病で標準プロトコールにソラフェニブを加えることが有効な可能性(2015.06.15)
  • 再発多発性骨髄腫に対するプロテアソーム阻害薬の直接比較、carfilzomibはPFSをボルテゾミブの倍に【ASCO2015】(2015.06.03)
  • 治療歴が多い多発性骨髄腫患者に抗CD38抗体daratumumabは深い奏効と良好な安全性を示す【ASCO2015】(2015.06.03)
  • 転移性腎細胞癌対象フェーズ2でレンバチニブとエベロリムス併用の有効性示す【ASCO2015】(2015.06.03)
  • リツキシマブ抵抗性の低悪性度非ホジキンリンパ腫患者に対するobinutuzumab+ベンダムスチンはPFSを有意に延長【ASCO2015】(2015.06.03)
  • ドラッグラグ解消とアイソトープ治療の早期承認求める(2015.06.02)
  • 進行脂肪肉腫と進行平滑筋肉腫に対するエリブリンはダカルバジンよりも有意にOSを延長、死亡リスクを約23%減少【ASCO2015】(2015.06.02)
  • アナストロゾールが閉経後DCISに対するアジュバント療法の新たな選択肢に【ASCO2015】(2015.06.02)
  • 3期結腸癌の経口フッ化ピリミジンによる術後補助化学療法はカペシタビンが標準療法【ASCO2015】(2015.06.02)
  • 治癒的切除2期/3期直腸癌の術後補助療法としてS-1の1年間投与は日本における標準療法の1つ【ASCO2015】(2015.06.02)
  • ニボルマブは日本人の扁平上皮または非扁平上皮の既治療進行非小細胞肺癌に有効で安全【ASCO2015】(2015.06.02)
  • 内分泌療法後進行ホルモン受容体陽性転移性乳癌にフルベストラントとpalbociclib併用でPFSが大きく延長【ASCO2015】(2015.06.02)
  • ホルモン療法未治療の進行前立腺癌患者で標準的なホルモン療法へのドセタキセルの追加でOSが改善【ASCO2015】(2015.06.02)
  • 未治療の若年MCL患者にR-High-CHOP/CHASER/LEED療法と自家末梢血幹細胞移植が標準治療の選択肢となる可能性【ASCO2015】(2015.06.01)
  • 日本人肺扁平上皮癌にネダプラチンとドセタキセル併用はシスプラチンとドセタキセル併用に比べ生存を改善、消化器毒性も軽度【ASCO2015】(2015.06.01)
  • 進行黒色腫患者のファーストライン治療としてニボルマブとニボルマブ+イピリムマブはPFSと奏効率を改善【ASCO2015】(2015.06.01)
  • 既治療の進行扁平上皮NSCLCに対するニボルマブ投与はドセタキセル投与よりも有意にOSが延長【ASCO2015】(2015.06.01)
  • 肺扁平上皮癌の2次治療でアファチニブはエルロチニブに比べてOSを延長【ASCO2015】(2015.06.01)
  • 難治性進行食道胃癌に対して経口マルチキナーゼ阻害薬レゴラフェニブが有効である可能性【ASCO2015】(2015.06.01)
  • 治療歴のあるCLL/SLLにBTK阻害薬ibrutinibとベンダムスチン、リツキシマブ併用で増悪リスク80%低下【ASCO2015】(2015.06.01)
  • 転移性大腸癌標準治療へのSIRT追加は肝転移に関するPFSを有意に延長【ASCO2015】(2015.06.01)