このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん
  • エンザルタミドが去勢抵抗性前立腺癌を対象に承認獲得(2014.03.25)
  • 持続性癌疼痛治療剤タペンタドールが承認獲得(2014.03.25)
  • TAS-102が切除不能大腸癌対象に承認獲得(2014.03.25)
  • ASCO、早期の乳癌患者に対するセンチネルリンパ節生検ガイドラインを改訂(2014.03.25)
  • 上限を75歳まで引き上げた乳癌スクリーニングは進行乳癌を減らすことには貢献しない可能性【EBCC2014】(2014.03.24)
  • アナストロゾールとフルベストラントはどちらも術前内分泌療法として有効で忍容性がある可能性【EBCC2014】(2014.03.21)
  • HSP90阻害剤ganetespibがHER2陽性またはトリプルネガティブ進行乳癌の1次治療として利用できる可能性【EBCC2014】(2014.03.21)
  • リンパ節転移数1個から3個の乳癌患者への術後放射線治療は再発と乳癌死のリスクを低減【EBCC2014】(2014.03.21)
  • 抗CCR4抗体モガムリズマブがPTCLとCTCL対象に承認(2014.03.18)
  • mTOR阻害剤エベロリムスが乳癌に適応拡大(2014.03.18)
  • ゴセレリン3カ月製剤ゾラデックス LA 10.8mgデポが乳癌に適応拡大(2014.03.18)
  • パゾパニブが腎癌に適応拡大(2014.03.18)
  • 自治医科大学の非ホジキンリンパ腫を対象としたCD19抗原特異的キメラ抗原受容体遺伝子治療の臨床研究計画が了承(2014.03.17)
  • 群馬大学など、切除不能進行膵癌を対象に化学放射線療法と免疫細胞療法併用についての医師主導臨床試験を開始(2014.03.11)
  • L858R変異を持つ肺腺癌患者へのEGFR-TKIの効果予測に変異アレルの頻度が有効である可能性【TAT2014】(2014.03.10)
  • 予防的卵巣摘出術はBRCA遺伝子変異を持つ女性の死亡リスクを低下、大規模研究の結果(2014.03.04)
  • 看護師の人員配置と学歴が外科手術を受けた患者の在院死を減らす可能性、欧州の大規模観察研究の結果(2014.03.04)