このページの本文へ

がんナビ

がんナビについて

がん患者さんとその家族のために、がんの治療や患者さんの日々の生活をナビゲートします。

がん種から情報を探す

  • 乳がん
  • 肝がん
  • 大腸がん
  • 腎がん
  • 胃がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 膵がん
  • 卵巣がん
  • その他のがん

Report レポート

新たな分子標的薬の登場で変わるホルモン受容体陽性乳がんの治療

(2019.08.20)

 転移・再発乳がんの治療法が進歩し、新規薬剤が次々に登場したことにより、予後の改善が期待できるようになった。そうした薬剤の1つが分子標的薬である。7月に東京都...<詳細>

新たな分子標的薬の登場で変わるホルモン受容体陽性乳がんの治療

抗HER2薬でHER2陽性乳がんの予後はどう変わるのか?

(2019.08.13)

 転移・再発乳がんの治療法が進歩し、新規薬剤が次々に登場したことにより、予後の改善が期待できるようになった。そうした薬剤の1つが分子標的薬である。7月に東京都...<詳細>

抗HER2薬でHER2陽性乳がんの予後はどう変わるのか?

照射技術が向上した子宮頸がんの放射線治療(2)

(2019.08.06)

 子宮頸がんの治療は進行の程度によって手術や放射線治療、化学療法が行われるが、その中で化学療法と放射線治療を同時に行う同時化学放射線治療も大きな役割を担って...<詳細>

照射技術が向上した子宮頸がんの放射線治療(2)

照射技術が向上した子宮頸がんの放射線治療(1)

(2019.07.31)

 子宮頸がんの治療は進行の程度によって手術や放射線治療、化学療法が行われるが、その中で化学療法と放射線治療を同時に行う同時化学放射線治療も大きな役割を担って...<詳細>

照射技術が向上した子宮頸がんの放射線治療(1)

脊椎に転移しても「動ける」ために

(2019.07.09)

 背骨(脊椎)にがんが転移すると、脊椎の中の神経が障害されて、首や背中、腰に痛みを感じたり、手や足が痺れ、動かなくなったりする。しかし早く発見すれば、手術や...<詳細>

脊椎に転移しても「動ける」ために

レポート一覧へ

  • がん臨床研究のABC-Z
  • がん診療の現場から
  • 今話題の新しいがん免疫療法ってどんなもの?
  • 知っておきたい骨転移
  • がん治療の素朴な疑問