Cadetto.jp昨日(01/21) のアクセスランキング

  1. 看護師のメイク事情 2019/01/14 人前に出るときに化粧をするのは、社会人のマナーと言われますが……? 558413
  2. 指導者泣かせの新人 2019/01/21 プリセプターになった私は今悩んでいる。担当の新人、新井さんはよく遅刻をするので…… 556155
  3. 米国糖尿病学会の「標準治療2019」、IT関連の章を新設 ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 2019/01/21  2018年も暮れが押し迫った12月17日、米国糖尿病学会(ADA)は「糖尿病の標準治療2019」(Standards of Medical Care in Diabetes - 2019)を公開した。毎年改訂されるこの文書は米国における実質的な糖尿病診療ガイドラインであり、冒頭では「ADAの公式見解を示すもの」ともうたっている。2019年版の目玉は、糖尿病治療薬選択のアルゴリズムと患者中心のアプローチの実践法が大きく変わったことだ。これらについて日経メディカルでは、2018年6月の第78回ADA学術集会で「2型糖尿病患者の高血糖管理に関するコンセンサスレポート」の改訂案が発表された際に、詳しく紹介した。「標準治療2019」では、アウトラインはそのまま引き継がれている。 559495
  4. サンフランシスコで私はなぜ手を洗ったのか 2019/01/21 医者になって数年の間、清潔操作を除く日常診療の場で、手を消毒したり洗ったりすることはほとんどなかった。 559480
  5. 第2話 【漫画】病院のローカルルール 2019/01/18FBシェア数:44 薬局から病院に転職したユキ。賦形量を巡って、病院の“お局”の洗礼を早速受けることに――。 559452
  6. 一時期、病棟で流行ったこと 2018/12/24 カルテに味気なさを感じたみちよ。ちょっとした遊び心が病棟でブームに!? 558412
  7. マンガほっと×日経DIコラボ企画 緊迫する救急外来、そのとき薬剤師は 第2話:近くて遠い目の前(2) 2019/01/15 休日出勤中、薬剤部で仕事をしていたところ、救急科から「山でハチに刺された男性患者がアナフィラキシーショックで救急搬送されてくる」との電話が掛かってきた。救急外来に向かった薬剤師のみどりは――。 559254
  8. 【漫画】薬の名前は 2019/01/21  薬剤師にとって、薬の名前を覚えることは当たり前のこと。ですが、カタカナの薬剤名は患者さんにとって覚えにくいものです。 558970
  9. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 2019/01/17  年末年始からものすごく忙しい当院救急部です。季節柄、インフルエンザ関連の患者さんが多いのはもちろん、やはり今年も餅を詰まらせて窒息心停止になった方や、風呂で意識を消失し、そのまま溺水心停止になってしまった方の搬送も多いです。なんとか心拍再開しても、低酸素状態が長ければ脳蘇生ができず社会復帰困難となったり、院内で再度心停止に至り絶命することも往々にしてあります。 559478
  10. ついに始まる荒療治 2018/11/26 看護師3年目を迎えたみちよ。なかなか成長を実感できない毎日のなか、今回、ついに師長の大号令が!? 558429
  11. シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました 2019/01/15  診療所開業医は医師として、はたまた経営者として、悪徳業者から狙われやすいもの。開業の酸いも甘いも知るベテラン開業医2人と、大阪府保険医協会の顧問弁護士、同協会で会員医師のトラブル相談に応じている「なにわのトラブルバスター」に、悪徳業者からの被害を防ぐための心構えを語り合ってもらった。 559394
  12. 第6回 抗凝固療法のリスクコントロール 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? 2019/01/16 研修医 前回の振り返りの中で、先生が「薬剤の使い分けよりも大切なことがある」とおっしゃっていたのが、ずっと気になっていました。指導医 抗凝固薬を使いこなすためのポイントについてディスカッションしていたよね。研修医 4種類ある非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)の使い分けや、注意すべき併用薬よりも大事なことがあるという話でしたが……。 559293
  13. わがままコールもほどほどに 2018/12/10 患者さんの中には、わがままでナースコールを押してくる方もいます。 558411
  14. JAMA Intern Med誌から 癌検診を受けない人は総死亡率が有意に高い 危険因子を放置して生活改善に取り組まない人と類似 2019/01/21  ガイドラインが癌のスクリーニングを推奨している対象なのに検査を受けない人は、禁煙や運動に取り組まない人と同様に総死亡率は高いのか? 米国立癌研究所のDudith Pierre-Victor氏らは、PLCO(前立腺・肺・大腸・卵巣)癌スクリーニング試験で、ランダムに介入群に割り付けられた人のデータを分析し、推奨されたスクリーニング検査を受けなかった人たちは、スクリーニング対象の癌を除く総死亡率が高かったと報告した。結果は、JAMA Intern Med誌電子版に2018年12月28日に掲載された。 559489
  15. 元会社員ナースの私が驚いたこと 2019/01/07 社会人枠でナースになり、びっくりしたことがある。 558171
  16. エリアレビュー◎ESMO Asia2018・肺癌 EGFR変異陽性肺癌の治療選択で改めて示されたT790M変… アジア人ではTKI 2剤のシークエンスで治療期間が約4年に 2019/01/21  EGFR変異陽性非小細胞肺癌の1次治療ではTKIが標準的に用いられる。このほど改訂された肺癌診療ガイドラインでは、現在までに最も長い無増悪生存期間(PFS)を示した第3世代EGFR-TKIであるオシメルチニブが推奨という位置づけになり、第1世代、第2世代EGFR-TKI単剤と第1世代EGFR-TKI+ベバシズマブ、第1世代EGFR-TKI+化学療法が提案という選択肢になった。ただし、どの治療法が最も生存期間を延長できるかは明確ではない。昨年11月にシンガポールで開催されたESMO Asiaで、第2世代のアファチニブを投与した後にオシメルチニブを投与した観察研究Gio Tagの結果が発表された。 559529
  17. 研修医の開花の瞬間 2018/11/19 病院にいると「開花の瞬間」を目にすることがある。 558172
  18. 薬剤師が知っておくべき? 「オシロコシナム」 2019/01/21  2019年に入り、本格的にインフルエンザが流行シーズンに入りました。今回はインフルエンザに関連する気になった話題をお届けします。 559443
  19. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 2019/01/15  昨年、顧問先のA医師から電話がかかってきた。「大学後輩のB医師が内科系のクリニックを開業し、10日経過したけれど、スタッフの求人に苦戦しているようなので、相談に乗ってもらえないだろうか」とのことだった。こうした相談に対応する場合、相手先のB医師の開業を支援した会社や、開業後の運営をサポートしている会計事務所、社会保険労務士事務所などとの兼ね合いがあるので、少々気を遣うことになる。経営のブレーンがいる場合に、部外者である筆者がアドバイスをすると、越権行為のようになることもあるからだ。 559372
  20. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) 2019/01/18  「『最高の人生の見つけ方』という映画を知っていますか。先生に是非その映画を見てほしい。そうしたらきっと僕の気持ちを、分かってもらえるんじゃないかなあ」 559433

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 看護師のメイク事情 こんな私も3年目 みちよのナース道
  2. 指導者泣かせの新人 病院珍百景
  3. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼
  4. サンフランシスコで私はなぜ手を洗ったのか 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」
  5. 【漫画】病院のローカルルール すすめ!病院薬剤師
  6. 一時期、病棟で流行ったこと こんな私も3年目 みちよのナース道
  7. 緊迫する救急外来、そのとき薬剤師は アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  8. 【漫画】薬の名前は ガンバレ薬剤師
  9. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  10. ついに始まる荒療治 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正