Cadetto.jp昨日((04/25) のアクセスランキング

  1. 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《2》 病院側が語った「透析中止」の真相 医師は治療継続の必要性を説明、患者は治療を拒む 2019/04/25 公立福生病院(東京都福生市)で、腎臓病患者が人工透析治療を中止する選択をし、その後、死亡に至ったとする報道を機に非難や責任を追及する声が広がった。矢面に立たされた病院側は会見を開き、医師らが再三、治療継続の必要性を説明したにもかかわらず、女性患者(当時44歳)が透析を拒否していたことを明かした。 560717
  2. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 2019/04/24  ビジネスで起業を考えている医師の皆さま、はっきり言います。起業はやめた方がいい。クリニックの開業も起業だが、今回は除こう。医師免許がないとできない仕事をせず、会社を起こそうと考えている医師の方々が対象だ。最近、「医師を辞めて会社を起業しようと思っているのですが……」という相談が本当に多い。特に若手医師からだ。 560694
  3. 救急ロスタイムを防げ―現場離脱を阻むもの― 2019/04/25  毎月、泉州地域メディカルコントロール協議会検証会議なる会議に参加しています。これは、地域の救急隊の活動を、医師が後ろ向きに検証していくというものです。二次医療圏の救急医療に携わる医師と、圏内の消防署に務める救急救命士が集まり、心停止患者や重症外傷、特定行為が行われるような低血糖やショック症例、脳卒中や急性冠症候群の現場活動や搬送先選定、処置について、適切であったかどうかを評価していきます。機転を利かせたことにより、患者予後向上につながったと考えられるものや、改善が望まれるものについては、具体的にみんなで共有して意見を出し合い、今後に生かします。 560698
  4. あなたは大丈夫!?新時代の医療人マナー講座! 2019/04/25  新時代を迎える研修医の皆さんこんにちは! カデット・マナーアップジャパン社代表の鈴木と申します。 560707
  5. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 2019/04/24  今回から、医師などの過失(注意義務違反)について考えてみます。医療訴訟において、医師の過失は「医療水準」を基準として判断することが確立しています。最高裁昭和57年3月30日判決(判例タイムズ468号76ページ・高山日赤事件)が「注意義務の基準となるべきものは、診療当時のいわゆる臨床医学の実践における医療水準である」と述べて以降、最高裁判決で同様の判断が示されてきました。 560685
  6. 【漫画】EDって何? 2019/04/25  薬局では、薬剤情報提供書(薬情)を患者さんにお渡しします。 560328
  7. 学会トピック◎第78回日本医学放射線学会総会 AIは放射線科医に代わるのか? 答えはNo 画像診断をする「鉄腕アトム」の実現が難しいワケ 2019/04/24  近年、コンピュータの性能向上に人工知能(AI)開発技術の進展が相まって、第3次AIブームが到来している。このAIの登場により放射線科医は職を失ってしまうのか――。そんな疑問に答えるべく、第78回日本医学放射線学会総会(4月11~14日、開催地:横浜市)で開催されたシンポジウムに登壇した日本放射線科専門医会理事の山田惠氏(京都府立医科大学放射線診断治療学講座教授)は「AIの世紀における放射線解の未来」と題して講演した。 560709
  8. シリーズ◎医師の「働き方改革」 「年1860時間」の上限変更は十分あり得る 自由民主党厚生労働部会「医師の働き方改革に関するPT」座長の羽生田俊氏に聞く 2019/04/25  医師の働き方改革のあり方を巡っては、3月末に厚生労働省の検討会が、残業時間の上限時間を1860時間とする「結論」を示したばかり(参考記事)。検討会に対して要望書を提出してきた自由民主党政務調査会厚生労働部会「医師の働き方改革に関するプロジェクトチーム」座長の羽生田俊氏に、今後の議論の進め方について話を聞いた。 560733
  9. 座談会◎日本の総合診療を確立するために学会に求められること 若手医師が描くPC連合学会と病総診学会の明日 2019/04/25  日本の総合診療を発展させるために、日本プライマリ・ケア連合学会と日本病院総合診療医学会が果たすべき役割とは何なのか――。それぞれの若手部会で活躍する医師たちは今、「分かりやすい総合診療の形」を理想に掲げ、学会として共有できる活動を融合させる道を模索。まずは「若手の合同セッションの展開を」と訴えている。 560684
  10. 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV 左足趾の潰瘍・疼痛で96歳女性が車いすで来院 重症下肢虚血の終末期で血管外科医が思うこと 2019/04/25 救急の現場で、皆さんは写真のような足趾を診た経験はあるでしょうか? また、ご自身であればどのように対応するでしょうか? 560673
  11. 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 2019/04/20  5年ぶりの改訂となる高血圧治療ガイドライン2019(JSH2019)が4月25日に発売されることを受け、4月19日に日本高血圧学会が都内で記者発表会を行い、JSH2019の改訂ポイントを紹介した。 既報の通り、JSH2019では高血圧基準値を140/90mmHgに維持しつつ、合併症のない75歳未満の成人の降圧目標は130/80mmHg未満へと強化した。早期からの生活習慣改善を重視し130/80mmHg未満への積極的な降圧を目指すとした米国や欧州の新ガイドラインと整合性が取れた方針となった。 560681
  12. BMJ誌から HPVワクチンが20歳時の子宮頸部異形成を激減 スコットランドで定期接種を受けた女性と接種開始前の女性を比較 2019/04/25  英国Edinburgh大学のTim Palmer氏らは、1988~96年にスコットランドで生まれた女性を対象に、20歳時点の子宮頸部病変スクリーニング検査の結果を調べ、12~13歳時点でHPVワクチンの定期接種を受けた1995~96年生まれの女性では、ワクチンの接種機会がなかった1988年生まれの女性に比べ、グレード3以上の子宮頸部上皮異形成が89%減少していたと報告した。結果はBMJ誌電子版に2019年4月3日に掲載された。 560718
  13. シリーズ◎腎臓を守る最新の治療戦略 糖尿病患者の腎症進行の原因物質を同定、新たな治療法につながるか 東北大学病態液性制御学分野教授の阿部高明氏に聞く 2019/04/24 ──これまで慢性腎不全モデルマウスに便秘薬を投与すると腸内細菌叢が改善し、さらに慢性腎臓病(CKD)の進行抑制ができる可能性があると報告されています。 560682
  14. シリーズ◎しまね初期研修医合同研修会で語られたこと《1》 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 島根大の和足孝之氏が「研修生活を10倍楽しくする方法」を伝授 2019/04/19  こんにちは。Cadetto.jp編集委員の三和です。4月5、6日の2日間にわたって行われた「しまね初期研修医合同研修会」にお邪魔しました。今年度、島根県内の臨床研修病院で研修を始める初期研修医は総勢62人です。医師としての第一歩を踏み出した研修医を前に、合同研修会で語られたことをご紹介します。 560666
  15. 医師4367人に聞いた「日本医学会総会、注目のテーマは?」 医学会総会、「AIとICT」が一番人気 医師の10人に1人が参加予定と回答 2019/04/25  4年に1度の日本医学会総会。2019年はその開催年であり、学術集会は4月27日から29日にかけて愛知県名古屋市にて開催される(外部リンク:第30回日本医学会総会2019中部)。この学術集会に10人に1人の医師が参加予定であることが、日経メディカル Onlineが実施した「第30回日本医学会総会学術集会に関する調査」で明らかになった。 560650
  16. 強化療法論争の先にある糖尿病治療の未来 2019/04/25  成人2型糖尿病(以下糖尿病)治療におけるHbA1cの目標値を7~8%とする米国内科学会(ACP)のガイダンスに対し、長年にわたって目標値を7%未満とする強化療法を推奨してきた米国糖尿病学会(ADA)が直ちに反対声明を出したのが昨年3月のことです。 560663
  17. 新規下剤の使い分けにおけるポイントは? 2019/04/25  これまで、大腸癌などの器質的疾患を除外した「慢性便秘症」については、酸化マグネシウムなどの「便を軟らかくする系薬」や、刺激性下剤といった「大腸を動かす系薬」で対応していました。この分野には長らく新薬がなかったのですが、2012年のルビプロストン(商品名アミティーザ)の発売を皮切りに、下記の薬剤が立て続けに発売されました。 560678
  18. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 2019/04/18  今回は、消化器内科や外科、救急領域の疾患に関する少々人騒がせ?な胸部X線画像をご紹介します。 560643
  19. 新人薬剤師に、あえて対物業務を学ばせる理由 2019/04/25  4月から、私の薬局で働いている新人ですが、今は主に対物業務をやってもらっています。 560687
  20. 感染症情報◎終息したインフルエンザが33 都府県で再び増加 伝染性紅斑が例年以上の多さで推移 C. difficile感染症、感染拡大予防は手洗いの徹底で 2019/04/24  2019年第15週(4月8~14日)までの情報をまとめた。 560731

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 病院側が語った「透析中止」の真相 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《2》
  2. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  3. 救急ロスタイムを防げ―現場離脱を阻むもの― 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. あなたは大丈夫!?新時代の医療人マナー講座! 研修医のための人生ライフ向上塾!
  5. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  6. 【漫画】EDって何? ガンバレ薬剤師
  7. AIは放射線科医に代わるのか? 答えはNo 学会トピック◎第78回日本医学放射線学会総会
  8. 「年1860時間」の上限変更は十分あり得る シリーズ◎医師の「働き方改革」
  9. 若手医師が描くPC連合学会と病総診学会の明日 座談会◎日本の総合診療を確立するために学会に求められること
  10. 左足趾の潰瘍・疼痛で96歳女性が車いすで来院 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
医師と医学研究者におすすめの英文校正