海外大学院留学マニュアル 新着一覧

海外大学院留学マニュアル

連載の紹介

医師としてのバックグラウンドを持ちながら、中国・上海にてMBAを取得し、現在は米国にて公衆衛生学修士(MPH)プログラムを学んでいる筆者。自らの経験を踏まえ、MBAやMPHを取得する大学院留学に興味がある医療従事者に、具体的なプロセスをお伝えします。

著者プロフィール

佐竹晃太(米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院MPHプログラム)●さたけ こうた氏。2007年慶應義塾大学卒。北見赤十字病院での初期研修を経て、日本赤十字社医療センターで呼吸器内科医として勤務。2012年、中国中欧国際工商学院MBAプログラムに入学。2013年6月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
  2. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 遠隔ロボット手術、今後どう進む? 日本外科学会理事長の森正樹氏が現状と今後を紹介
  4. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
  5. 【動画】オッカムの剃刀、ヒッカムの格言、どちらを… 動画で学ぶ「英国式vs米国式 外来診療の進め方」
  6. あちこちに「迫害されている!」と訴える人 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  7. 夜中に急性胆嚢炎! いつ外科にコンサルト? AntaaQAピックアップ
  8. 今季のインフルエンザ、異常な立ち上がりに インフルエンザ診療Next:トピックス
  9. 奈良県警で勾留中の医師死亡、控訴審で棄却 7人の医師が急性腎不全の可能性を指摘するも、判決変わらず
  10. 【動画】喉の痛みを訴える38歳男性~英国式外来診… 動画で学ぶ「英国式vs米国式 外来診療の進め方」
医師と医学研究者におすすめの英文校正