海外大学院留学マニュアル 新着一覧

海外大学院留学マニュアル

連載の紹介

医師としてのバックグラウンドを持ちながら、中国・上海にてMBAを取得し、現在は米国にて公衆衛生学修士(MPH)プログラムを学んでいる筆者。自らの経験を踏まえ、MBAやMPHを取得する大学院留学に興味がある医療従事者に、具体的なプロセスをお伝えします。

著者プロフィール

佐竹晃太(米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院MPHプログラム)●さたけ こうた氏。2007年慶應義塾大学卒。北見赤十字病院での初期研修を経て、日本赤十字社医療センターで呼吸器内科医として勤務。2012年、中国中欧国際工商学院MBAプログラムに入学。2013年6月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  2. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  3. 「市販薬が効かない」と言う花粉症患者への処方は? 総復習!花粉症診療
  4. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  5. 最も早い大予測! 2020診療報酬改定はこうなる 日経ヘルスケアon the web
  6. 両側気胸はバッファローチェストが原因? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 「BPSDの原因が便秘」は決してまれではない 意外と簡単!認知症に伴うBPSD解決策
  8. 若手が総合診療を選ばない理由が見えた 体験リポート
  9. その「暴れる患者」はただの暴れん坊なのか? EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
  10. 「バーチカルギロチンにより正中矢状面で切断」で伝… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
医師と医学研究者におすすめの英文校正