海外大学院留学マニュアル 新着一覧

連載の紹介

医師としてのバックグラウンドを持ちながら、中国・上海にてMBAを取得し、現在は米国にて公衆衛生学修士(MPH)プログラムを学んでいる筆者。自らの経験を踏まえ、MBAやMPHを取得する大学院留学に興味がある医療従事者に、具体的なプロセスをお伝えします。

著者プロフィール

佐竹晃太(米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院MPHプログラム)●さたけ こうた氏。2007年慶應義塾大学卒。北見赤十字病院での初期研修を経て、日本赤十字社医療センターで呼吸器内科医として勤務。2012年、中国中欧国際工商学院MBAプログラムに入学。2013年6月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  3. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ
  5. 医師の時間外労働の上限規制案は「1900〜200… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」で骨子案が了承
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から
  7. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか?
  8. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪
  9. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  10. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」
医師と医学研究者におすすめの英文校正