海外大学院留学マニュアル 新着一覧

連載の紹介

医師としてのバックグラウンドを持ちながら、中国・上海にてMBAを取得し、現在は米国にて公衆衛生学修士(MPH)プログラムを学んでいる筆者。自らの経験を踏まえ、MBAやMPHを取得する大学院留学に興味がある医療従事者に、具体的なプロセスをお伝えします。

著者プロフィール

佐竹晃太(米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院MPHプログラム)●さたけ こうた氏。2007年慶應義塾大学卒。北見赤十字病院での初期研修を経て、日本赤十字社医療センターで呼吸器内科医として勤務。2012年、中国中欧国際工商学院MBAプログラムに入学。2013年6月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  3. 訪問先の家族を見てついしてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:37
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」
  5. これって幻覚!? 病院珍百景
  6. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻
  8. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論
  9. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  10. ロセフィンの重大な副作用に「精神神経症状」が追加 佐古みゆきの「添付文書改訂ウオッチ」
医師と医学研究者におすすめの英文校正