海外大学院留学マニュアル 新着一覧

連載の紹介

医師としてのバックグラウンドを持ちながら、中国・上海にてMBAを取得し、現在は米国にて公衆衛生学修士(MPH)プログラムを学んでいる筆者。自らの経験を踏まえ、MBAやMPHを取得する大学院留学に興味がある医療従事者に、具体的なプロセスをお伝えします。

著者プロフィール

佐竹晃太(米国ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院MPHプログラム)●さたけ こうた氏。2007年慶應義塾大学卒。北見赤十字病院での初期研修を経て、日本赤十字社医療センターで呼吸器内科医として勤務。2012年、中国中欧国際工商学院MBAプログラムに入学。2013年6月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 「なりたくてなったわけじゃない」看護師が自分らし… キャリアお悩み相談室
  2. 2回心停止した重症外傷患者の生還 シリーズ◎忘れられないカルテ
  3. 採血を失敗し、患者に激怒された 患者とのコミュニケーション困難事例と対処法
  4. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変
  5. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  6. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼
  7. 「生保は後発品」に賛成も、実際ごねられたら… 医師1000人に聞きました
  8. 二刀流の野球選手の活躍に未来の医師像を見る 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」
  9. 生活保護の後発品原則化に思う「悪意なき悪意」 熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」
  10. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編)
医師と医学研究者におすすめの英文校正