日常臨床に使える産業医のノウハウ

連載の紹介

患者が勤労者であれば、日常生活の多くを過ごすのは職場。診療を進める上で職場の情報を入手し活用することは非常に重要です。産業医ならずとも、産業医学の視点を取り入れることで日常診療の幅を広げられるというケースを紹介します。

著者プロフィール

堀輝(産業医科大学精神医学教室講師)●ほり ひかる氏。西井重超(産業医科大学精神医学教室助教・教育医長)●にしい しげき氏。日本で唯一の産業医学振興および産業医養成を目的として設立された産業医科大学にて、精神科産業医の育成、就労者の精神・メンタルヘルスの問題に取り組んでいる。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 吸入ステロイドで血糖は上昇するのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. SGLT2阻害薬に新効能! 心・腎保護薬へ トレンド◎衝撃の試験結果に米国ではガイドラインを改訂
  3. 医師不足解消に本気なら、収入減の覚悟を 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  4. 「お食事は召し上がりましたか」と「ごはん食った?… テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」
  5. 僕なりの弔い方と線香の香り 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  6. レッスン11◆異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  7. 4人に3人が「看護師になってよかった!」 Aナーシング調査◎「看護師であることへの満足度調査」結果
  8. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  9. 日本で経験する逆カルチャーショック まいにち薬剤師
  10. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
医師と医学研究者におすすめの英文校正