連載の紹介

患者が勤労者であれば、日常生活の多くを過ごすのは職場。診療を進める上で職場の情報を入手し活用することは非常に重要です。産業医ならずとも、産業医学の視点を取り入れることで日常診療の幅を広げられるというケースを紹介します。

著者プロフィール

堀輝(産業医科大学精神医学教室講師)●ほり ひかる氏。西井重超(産業医科大学精神医学教室助教・教育医長)●にしい しげき氏。日本で唯一の産業医学振興および産業医養成を目的として設立された産業医科大学にて、精神科産業医の育成、就労者の精神・メンタルヘルスの問題に取り組んでいる。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 将来の懲戒処分リスクが高い医学生の行動とは 特集◎これってコンプライアンス違反?《2》医学生の問題行動
  2. ロキソニンとカロナール、どっち派? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:278
  3. 勝谷氏を死に追いやった「重症型アルコール性肝炎」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 医師の多寡に応じた医師確保の方針が示される 医療従事者の需給に関する検討会・医師需給分科会
  5. <呼吸困難>の超緊急疾患は6つ、全部言える? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論
  6. 腹部X線写真であの臓器が見え過ぎていたら 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  7. 診断が付かないめまい症の多くはPPPDだった トレンド◎変わるめまいの診断基準
  8. 薬剤師っていらなくない? アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  9. 新しいめまい疾患PPPDの問診票を作成 学会トピック◎第77回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会
  10. 研修医日本一の称号を得るのは、あなただ Cadetto通信
医師と医学研究者におすすめの英文校正