日常臨床に使える産業医のノウハウ

連載の紹介

患者が勤労者であれば、日常生活の多くを過ごすのは職場。診療を進める上で職場の情報を入手し活用することは非常に重要です。産業医ならずとも、産業医学の視点を取り入れることで日常診療の幅を広げられるというケースを紹介します。

著者プロフィール

堀輝(産業医科大学精神医学教室講師)●ほり ひかる氏。西井重超(産業医科大学精神医学教室助教・教育医長)●にしい しげき氏。日本で唯一の産業医学振興および産業医養成を目的として設立された産業医科大学にて、精神科産業医の育成、就労者の精神・メンタルヘルスの問題に取り組んでいる。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 救急医に必要な2つの判断能力 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  2. 医師偏在対策、都道府県の重過ぎる役割に懸念 日本医師会が医療政策シンポジウムを開催 FBシェア数:0
  3. 細菌性腸炎の特徴的所見は何か? 今さら聞けない画像診断のキホン
  4. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》
  5. 「思いもよらない転職」でキャリアが開けた話 キャリアお悩み相談室 FBシェア数:14
  6. 「無給医は必要悪」では済まされない シリーズ◎医師の働き方改革
  7. ジョーンズの美女は木に姿を変えて男を待つ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
  8. 本当に加熱式・電子タバコは吸っていいのか? プライマリケア医のための喘息・COPD入門
  9. 認知症患者に生じた高K血症への緊急対応法 カンファで学ぶ臨床推論
  10. 1型糖尿病にもSGLT2阻害薬の投与が可能に トレンド◎適応症広がるSGLT2阻害薬
医師と医学研究者におすすめの英文校正