動画で見る英語症例プレゼンテーション 新着一覧

連載の紹介

米国の病院での症例プレゼンテーションには一定の「型」があります。米国での臨床実習を考えている方は、事前に覚えて繰り返し練習することをおすすめします。この記事ではその「型」と英語での表現について、動画の例を見ながら説明していきます。

著者プロフィール

安川康介(米国ミネソタ大学病院内科レジデント)●やすかわ こうすけ氏。2007年慶應義塾大学卒業。日本赤十字社医療センターでの初期研修終了後、09年6月より現職。プレゼンテーションはミネソタ大学内科レジデント2年目のMorgan Groth氏(写真)が担当。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  2. 医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと
  3. 75歳以上でもLDL-C高値は薬物介入すべき 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018)
  4. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認
  5. バス運転手の頭部MRI義務化って意味ある? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  6. 主訴<起き上がれない頭痛>の診かた 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論
  7. 「誕生日休暇」「子の行事休暇」導入の成果は? 日経ヘルスケアon the web
  8. 父親の年齢も妊娠や新生児の健康に影響する BMJ誌から
  9. 咳喘息を疑ったら吸ステ前に気管支拡張薬を インタビュー◎咳嗽ガイドラインが6年ぶりに改訂
  10. 医者がアスリートになる時代! 研修医のための人生ライフ向上塾!
医師と医学研究者におすすめの英文校正