動画で見る英語症例プレゼンテーション 新着一覧

動画で見る英語症例プレゼンテーション

連載の紹介

米国の病院での症例プレゼンテーションには一定の「型」があります。米国での臨床実習を考えている方は、事前に覚えて繰り返し練習することをおすすめします。この記事ではその「型」と英語での表現について、動画の例を見ながら説明していきます。

著者プロフィール

安川康介(米国ミネソタ大学病院内科レジデント)●やすかわ こうすけ氏。2007年慶應義塾大学卒業。日本赤十字社医療センターでの初期研修終了後、09年6月より現職。プレゼンテーションはミネソタ大学内科レジデント2年目のMorgan Groth氏(写真)が担当。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  2. 発熱と鎖骨付近の疼痛、見逃しNGの2疾患は? カンファで学ぶ臨床推論
  3. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  4. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. SNRI:サインバルタがシェア9割の断トツ人気 NMO処方サーベイ
  6. 家計にとって子どもは「負債」なのか Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  7. 技術の進歩に合わせAIを使いこなす努力を 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ4》
  8. 「心臓マッサージ」は間違いじゃない、けど…… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  9. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  10. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
医師と医学研究者におすすめの英文校正