Dr.西野の「良医となるための道標」 新着一覧

連載の紹介

今の臨床研修カリキュラムに足りないもの。それは医師としての心構えや倫理観、患者との接し方を学ぶことではないか? 研修医指導に情熱を傾けてきた著者が、「医師としてのあるべき姿」を熱く語りかける、『良医となるための100の道標』(日経BP社)。その一部をご紹介します。

著者プロフィール

西野徳之(総合南東北病院〔福島県郡山市〕消化器センター長)●にしの・のりゆき氏。1987年自治医科大学卒。旭川医科大学第三内科、利尻島国保中央病院院長、市立根室病院内科医長などを経て2000年10月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  2. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」
  3. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:374
  4. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論
  5. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」
  6. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは 今さら聞けない画像診断のキホン
  7. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》
  8. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ
  9. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web
  10. 2030年はコミュニケーションも新しい形に 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜
医師と医学研究者におすすめの英文校正