Dr.西野の「良医となるための道標」 新着一覧

Dr.西野の「良医となるための道標」

連載の紹介

今の臨床研修カリキュラムに足りないもの。それは医師としての心構えや倫理観、患者との接し方を学ぶことではないか? 研修医指導に情熱を傾けてきた著者が、「医師としてのあるべき姿」を熱く語りかける、『良医となるための100の道標』(日経BP)。その一部をご紹介します。

著者プロフィール

西野徳之(総合南東北病院〔福島県郡山市〕消化器センター長)●にしの・のりゆき氏。1987年自治医科大学卒。旭川医科大学第三内科、利尻島国保中央病院院長、市立根室病院内科医長などを経て2000年10月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  2. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  3. AIは放射線科医に代わるのか? 答えはNo 学会トピック◎第78回日本医学放射線学会総会
  4. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  5. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
  6. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  7. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
  8. 過去5年の得点率から今年の対策を考える 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  9. どうなる?メソトレキセートの供給不足 トレンド(DIオンライン)
  10. 糖尿病患者の腎症進行の原因物質を同定、新たな治療… シリーズ◎腎臓を守る最新の治療戦略
医師と医学研究者におすすめの英文校正