Dr.西野の「良医となるための道標」 新着一覧

連載の紹介

今の臨床研修カリキュラムに足りないもの。それは医師としての心構えや倫理観、患者との接し方を学ぶことではないか? 研修医指導に情熱を傾けてきた著者が、「医師としてのあるべき姿」を熱く語りかける、『良医となるための100の道標』(日経BP社)。その一部をご紹介します。

著者プロフィール

西野徳之(総合南東北病院〔福島県郡山市〕消化器センター長)●にしの・のりゆき氏。1987年自治医科大学卒。旭川医科大学第三内科、利尻島国保中央病院院長、市立根室病院内科医長などを経て2000年10月より現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定
  2. 看護師ができないなら、俺たちがやろう! 特集◎忘れられないカルテ
  3. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ
  4. どうします? 高齢者救急で遭遇するモヤモヤ 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part II
  5. 『ハリソン内科学』のハリソン先生に迫る 駒村和雄の「健康寿命で行こう」
  6. 共感されないエピソード 病院珍百景
  7. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会
  8. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導
  9. 絶滅危惧種? ワルファリンの使い道はここだ プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  10. 「勤務医&専業主婦」は最大40万円の増税に Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
医師と医学研究者におすすめの英文校正