かぜとかぜのように見える重症疾患

連載の紹介

クリニックや一般外来で「かぜ」ほど多く見る疾患があるでしょうか?ところが、実はこの「かぜ」についての実践的な指導を受けた医師はほとんどいないといってもいいでしょう。たかが「かぜ」と侮る事なかれ。命に関わる病気が隠れていることもあれば、安易に抗菌薬を処方するべきではない場合も多くあります。ぜひ、「かぜ」診療の基本を学んでください。

著者プロフィール

山本舜悟(神戸大学感染症内科)やまもとしゅんご氏。2002年京都大学医学部卒業、麻生飯塚病院初期研修。2004年洛和会音羽病院総合診療科後期研修。2007年亀田総合病院感染症フェロー、2009年同院総合診療・感染症科医長。2011年リヴァプール熱帯医学校でDTM&H取得。総合内科専門医、国際旅行医学会旅行医学認定TM。京都市立病院感染症内科医長を経て現職。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は?
  2. 病理医がAIに置き換わらない理由、教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】
  3. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く
  4. 大学病院での勤務経験はそんなに大切ですか? シリーズ◎何でもPros Cons【ずっと市中病院勤務はアリ?】
  5. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾!
  6. 医師の仕事、まだまだAIには置き換わらない! シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】
  7. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】
  8. 休憩室から漏れ聞こえる話に院長が抱いた疑問 院長を悩ます職員トラブル大研究
  9. こじらせ研修医にならないための鉄則五箇条 研修医のための人生ライフ向上塾!
  10. マニキュアを取ったら爪が緑色に!? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
医師と医学研究者におすすめの英文校正