骨太!Dr.仲田のダイナミック整形2

連載の紹介

2005年に刊行されたDVD「骨太!Dr.仲田のダイナミック整形外科」の続編。今シリーズはプライマリ・ケアで診る機会の多い頸椎・大腿骨を取り上げるとともに、整形疾患では欠かせない画像読影のコツを、豊富な症例を提示し、伝授します。Dr.仲田の体をはった名講義は本シリーズでも健在です。また、過去の事例を踏まえて、大地震などの災害への備えも紹介します。

著者プロフィール

仲田和正(西伊豆健育会病院院長)なかだ かずまさ氏。1978年自治医科大学卒業。静岡県立中央病院全科ローテート研修、浜松医科大学麻酔科、静岡県国民健康保険佐久間病院外科・整形外科、自治医科大整形外科大学院、静岡県島田市民病院整形外科を経て、1990年より現職。日本整形外科学会認定医。多数の著書がある。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 「それは精神的な問題です」と内科医が言うとき 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」
  2. セファゾリン供給不足に見る臨床現場の温度差 感染症コンサルタントの青木眞氏に聞く
  3. 製薬会社の弁当はNGか? ~個人的な意見~ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  4. 最難関の新「造血器腫瘍ガイドライン」をモノにせよ 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  5. 経口GLP-1薬は糖尿病治療に革命を起こすか トレンド◎GLP-1作動薬セマグルチドの経口薬が承認申請
  6. 惰性のモニタリング、だせーじゃん? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. その比べ方では論文の論理性があいまいに! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意
  8. 週刊誌の「大人の発達障害チェックリスト」に全て該… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  9. 都道府県でこんなに違う!看護師、介護職の賃金相場 記者の眼
  10. 小児感染症科の10年を振り返って 寄稿◎堀越裕歩(WHO疫学コンサルタント)
医師と医学研究者におすすめの英文校正