Dr.林の笑劇的救急問答 Season10

連載の紹介

すっかりお馴染みのDr.林による救急シリーズ。電解質は測定してみないとなかなか異常に気づかないものです。ですが、疑ってかからないと恐い病態もあるので、忘れないようにしましょう。カリウム、ナトリウム、カルシウムの異常を取り上げ、診察、検査、診断とその処置・治療をわかりやすく、しかも徹底的に解説!研修医・講師らが演じる爆笑症例ドラマにもヒントがぎっしり!笑いながら重要なポイントを学んでください。

著者プロフィール

林寛之(福井大学医学部附属病院総合診療部教授)はやし ひろゆき氏。1986年自治医科大学卒業。1991年カナダトロント総合病院救急部臨床研修、1993年から僻地医療を経て1997年福井県立病院救命救急センター勤務。医長を経て2011年4月より現職。愛と希望と笑いに満ちた、臨床力が高く心優しい医師を育成するために日々奔走中!趣味は子育て(育児休暇3カ月取得)。「家庭を大事にできないと、患者さんを大事にできない」がモットー。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変
  2. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼
  3. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編)
  4. 主訴<頭痛>の救急患者への対応法 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論
  5. 「なりたくてなったわけじゃない」看護師が自分らし… キャリアお悩み相談室
  6. GPの”相棒”グラム染色を活用しよう! 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  7. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ
  8. 「再入学の自分が外科を志すのは遅すぎる?」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:23
  9. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  10. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児
医師と医学研究者におすすめの英文校正