迷走外科医のこじらせ幸福論 新着一覧

迷走外科医のこじらせ幸福論

連載の紹介

どうすれば医師は幸せになれるのか。一般読者向けの恋愛コラムを執筆してきたこじらせ外科医、雨月(うげつ)メッツェンバウム次郎氏による、明日の臨床の役には立たないコラム。たまに外科医の本音も漏らしましょう。

著者プロフィール

雨月メッツェンバウム次郎●うげつ めっつぇんばうむ じろう氏。アラサーを少し過ぎ始めた現役外科医。某国立大学医学部卒業後、ほぼ毎日手術をこなす。年間200件近く手術に参加する傍ら、年に1、2回は海外学会へ、年に7回は国内の学会へ行く。メッツェンバウムをこよなく愛する。クリエイターと読者をつなぐサイト「cakes」にてコラム「それでも僕は、外科医をやめない」を連載中。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  2. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  3. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  4. 中高年女性にも発生する特発性冠動脈解離の実態 Eur Heart J誌から
  5. 五月病に効く!? 理不尽な患者さんへの対処法 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  6. AF患者に対するアブレーションの優位性示せず JAMA誌から
  7. 朝食を抜くと心血管死のリスクが高まる J Am Coll Cardiol誌から
  8. 腎盂腎炎の診断でCVA叩打痛が当てにならないこれ… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  9. 研修医たちよ、医学書をいきなり買いあさるな! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  10. 2カ月男児。前胸部の鱗屑を伴う環状紅斑 日経メディクイズ●皮膚
医師と医学研究者におすすめの英文校正