迷走外科医のこじらせ幸福論 新着一覧

迷走外科医のこじらせ幸福論

連載の紹介

どうすれば医師は幸せになれるのか。一般読者向けの恋愛コラムを執筆してきたこじらせ外科医、雨月(うげつ)メッツェンバウム次郎氏による、明日の臨床の役には立たないコラム。たまに外科医の本音も漏らしましょう。

著者プロフィール

雨月メッツェンバウム次郎●うげつ めっつぇんばうむ じろう氏。アラサーを少し過ぎ始めた現役外科医。某国立大学医学部卒業後、ほぼ毎日手術をこなす。年間200件近く手術に参加する傍ら、年に1、2回は海外学会へ、年に7回は国内の学会へ行く。メッツェンバウムをこよなく愛する。クリエイターと読者をつなぐサイト「cakes」にてコラム「それでも僕は、外科医をやめない」を連載中。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  2. しばしば誤嚥性肺炎の原因となる意外なあの疾患 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  3. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
  5. [file005]部下が言うことを聞かなくて…… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  6. 遺伝子治療に沸く米国と足をすくませる日本 記者の眼
  7. 診断の質を高める3つのReflectionを 診断エラー学のすすめ
  8. 耳鳴は難聴の代償反応、治療は脳リハで インタビュー◎耳鳴は拍動性の有無、聴覚検査などを基に診断
  9. 「さぼってる!」と思わせない休憩の取り方 働く仲間を楽にする ナースのための人間関係メンテナンス術
  10. 患者を突き放す言葉「そんなに痛いわけない!」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《2》
医師と医学研究者におすすめの英文校正