レジデンシー in NY 新着一覧

連載の紹介

ニューヨークのマンハッタンにある病院で内科研修医として働く反田篤志氏が、米国の臨床研修現場での実体験を通じて感じたことを、日本での臨床研修の経験も踏まえて語ります。

著者プロフィール

反田篤志●そりた あつし氏。2007年東京大学卒業。沖縄県立中部病院での初期研修終了後、Nプログラムの選考を経て、09年7月よりニューヨークの病院で内科研修。特技は社交ダンス。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  2. 医師もまた、巨人の肩の上に立っているのだ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと
  3. 75歳以上でもLDL-C高値は薬物介入すべき 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018)
  4. CRPを超える炎症マーカーで変わる腸疾患診療 リポート◎IBDを迅速に評価する新たな診断薬LRGが承認
  5. バス運転手の頭部MRI義務化って意味ある? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  6. 主訴<起き上がれない頭痛>の診かた 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論
  7. 「誕生日休暇」「子の行事休暇」導入の成果は? 日経ヘルスケアon the web
  8. 父親の年齢も妊娠や新生児の健康に影響する BMJ誌から
  9. 咳喘息を疑ったら吸ステ前に気管支拡張薬を インタビュー◎咳嗽ガイドラインが6年ぶりに改訂
  10. 医者がアスリートになる時代! 研修医のための人生ライフ向上塾!
医師と医学研究者におすすめの英文校正