撮っておきClinical Picture!

連載の紹介

日々の診療の中で「診ているようで診ていない身体所見」や「診断に直結する特徴的な画像所見」を中心にご紹介します。「百聞は一見に如かず」を合言葉に、皆様の明日からの診療に少しだけ役立てば幸いです。

著者プロフィール

松浦宏樹(岡山市立市民病院 総合内科)●まつうらひろき氏。2014年広島大学卒。三豊総合病院で研修を受けながら英文誌への掲載100本を目標にClinicalPicture投稿を開始(2018年12月時点で47本掲載済)、2019年より現職。趣味はダニ収集、アイルランド民謡、昭和の歌謡曲。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 「医師になる気はない」と明言し医学部合格 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  2. 何かに依存していることは悪いことか? 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」
  3. 医師の時間外労働上限の特例、「年間1860時間」… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」
  4. サブスペシャルティ候補は90領域、審査は4月から NEWS
  5. 主訴<腹部激痛>なのに軟らかい腹の謎 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論
  6. 昨年読んだ書籍、一番人気は『サピエンス全史』 医師の絶対教養 読書編
  7. 院内に1人はいる“確定申告漏れ” Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  8. ゾフルーザ耐性株の検出率上昇で心配なこと 記者の眼
  9. 徳田安春氏からの挑戦状に挑んだ若手研修医たち Cadetto通信
  10. 人工涙液の特徴と注意点 薬局なんでも相談室
医師と医学研究者におすすめの英文校正