大医への道 新着一覧

大医への道

連載の紹介

大学5年時に参加した山本雄士ゼミの合宿をきっかけに、東京の大学を卒業後、高知県に飛び込んだ初期臨床研修医の「大医への道」。行政や政治を見据えたキャリア計画を胸に秘めつつ、日々の研修や生活で学んだことを共有します。

著者プロフィール

金子敏明(高知医療センター初期研修医)●かねことしあき氏。茨城県出身。2015年杏林大卒、同年高知医療センター初期研修医。学生時代は山本雄士氏に師事し、医療政策・医療経営を学ぶ。山本雄士ゼミの運営メンバーを務め、現在も山本雄士ゼミアドバイザリースタッフとして関わる。初期研修から高齢化率で日本の10年先を行く高知へ。2015年度から人材育成のためのプラットホーム「RyomaBase」に参画し、2016年度からRyomaBase高知代表を務める。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  2. 発熱と鎖骨付近の疼痛、見逃しNGの2疾患は? カンファで学ぶ臨床推論
  3. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  4. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. SNRI:サインバルタがシェア9割の断トツ人気 NMO処方サーベイ
  6. 家計にとって子どもは「負債」なのか Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  7. 技術の進歩に合わせAIを使いこなす努力を 特集◎人工知能は敵か味方か《医師のホンネ4》
  8. 「心臓マッサージ」は間違いじゃない、けど…… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  9. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  10. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
医師と医学研究者におすすめの英文校正