大医への道 新着一覧

連載の紹介

大学5年時に参加した山本雄士ゼミの合宿をきっかけに、東京の大学を卒業後、高知県に飛び込んだ初期臨床研修医の「大医への道」。行政や政治を見据えたキャリア計画を胸に秘めつつ、日々の研修や生活で学んだことを共有します。

著者プロフィール

金子敏明(高知医療センター初期研修医)●かねことしあき氏。茨城県出身。2015年杏林大卒、同年高知医療センター初期研修医。学生時代は山本雄士氏に師事し、医療政策・医療経営を学ぶ。山本雄士ゼミの運営メンバーを務め、現在も山本雄士ゼミアドバイザリースタッフとして関わる。初期研修から高齢化率で日本の10年先を行く高知へ。2015年度から人材育成のためのプラットホーム「RyomaBase」に参画し、2016年度からRyomaBase高知代表を務める。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. ナースコールが多い人の特徴 病院珍百景
  2. 訪問先の家族を見てついしてしまうこと 病院珍百景
  3. 「CHADS2スコア0点1点問題」を真剣に考える プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ
  4. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼
  5. 2018年上半期に医師会員が読んだ記事 Top1… 編集会議 on the Web
  6. 麻酔科専門医の更新要件変更で広がったある憶測 記者の眼
  7. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  8. 薬剤師が調剤棚の前に立たなくなる日 トレンド(DIオンライン)
  9. 「だから救急はおもしろいんよ」の原点 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  10. 腹痛患者への「反跳痛」はもういらない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」
医師と医学研究者におすすめの英文校正