市中病院からトップジャーナルを狙おう

連載の紹介

医学英語論文はサブスペシャリティーを極めた者、最先端の治療に携わる者だけに書く機会があるのではない! ごく一般的な市中病院に勤務しコモンな疾患を診療していても、クリニカルイメージなら必ず執筆の機会は訪れる、それも頻回に! 市中病院からトップジャーナルに効率よく論文投稿、掲載されるコツを実例を交えて伝授する。

著者プロフィール

藤川達也(三豊総合病院[香川県観音寺市]総合診療内科部長)●ふじかわたつや氏。1998年岡山大卒。岡山大学大学院、米国ハーバード医科大附属ベスイスラエルデーコネス病院リサーチフェロー、市立備前病院、清恵会病院などを経て現職。研修医指導責任者。「アカデミック活動の充実した市中病院」を目標に、研修医と共に診療した症例をクリニカルイメージ論文として投稿している。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 「医師になる気はない」と明言し医学部合格 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  2. 何かに依存していることは悪いことか? 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」
  3. 医師の時間外労働上限の特例、「年間1860時間」… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」
  4. サブスペシャルティ候補は90領域、審査は4月から NEWS
  5. 主訴<腹部激痛>なのに軟らかい腹の謎 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論
  6. 昨年読んだ書籍、一番人気は『サピエンス全史』 医師の絶対教養 読書編
  7. 院内に1人はいる“確定申告漏れ” Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  8. ゾフルーザ耐性株の検出率上昇で心配なこと 記者の眼
  9. 徳田安春氏からの挑戦状に挑んだ若手研修医たち Cadetto通信
  10. 人工涙液の特徴と注意点 薬局なんでも相談室
医師と医学研究者におすすめの英文校正