市中病院からトップジャーナルを狙おう 新着一覧

市中病院からトップジャーナルを狙おう

連載の紹介

医学英語論文はサブスペシャリティーを極めた者、最先端の治療に携わる者だけに書く機会があるのではない! ごく一般的な市中病院に勤務しコモンな疾患を診療していても、クリニカルイメージなら必ず執筆の機会は訪れる、それも頻回に! 市中病院からトップジャーナルに効率よく論文投稿、掲載されるコツを実例を交えて伝授する。

著者プロフィール

藤川達也(三豊総合病院[香川県観音寺市]総合診療内科部長)●ふじかわたつや氏。1998年岡山大卒。岡山大学大学院、米国ハーバード医科大附属ベスイスラエルデーコネス病院リサーチフェロー、市立備前病院、清恵会病院などを経て現職。研修医指導責任者。「アカデミック活動の充実した市中病院」を目標に、研修医と共に診療した症例をクリニカルイメージ論文として投稿している。

Information PR

ログインしていません

もっと見る

医学生ランキング

  1. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  2. 術後経過良好な患者が家族の前で下半身麻痺に シリーズ◎忘れられないカルテ
  3. あなたの論文のアクセプト率を7倍にする方法 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  4. 現場を戦々恐々とさせる「医師の働き方改革」 記者の眼
  5. メトホルミンの禁忌を改訂 トレンド(DIオンライン)
  6. 貴院のサイト、「しくじり事例」になっていませんか… 病医院PRレベルアップ講座
  7. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  8. 生後6カ月男児。全身性の角化異常 日経メディクイズ●皮膚
  9. 専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《7》転職
  10. 術後30年間も入退院を繰り返した患者を回復させた… シリーズ◎忘れられないカルテ
医師と医学研究者におすすめの英文校正