日経メディカルのロゴ画像

Nikkei Medical ONLINE日経メディカル オンライン https://medical.nikkeibp.co.jp/

【Photo Gallery】 2008.6〜

国立成育医療センター
国際援助活動

 今回は、国立成育医療センターの国際援助の活動先であるラオス国立母子保健病院を取材した。発展途上国の健康水準や医療状況はまだまだ整備されているとはいえず、各国や各団体からの是正を目指した介入が行われている。しかし日本では、国際保健医療プログラムは数少ないのが現状だ。

国立成育医療センターでは、成育10ヵ年計画の1つとして国際保健医療が掲げられた。2005年のラオス視察に始まり、翌年ラオス国立母子保健病院と友好病院協定を締結。成長曲線の作成、自動二輪運転者に対するヘルメット着用推進教育など、事業を着実に積み上げてきた。

プロジェクトの中心人物である堀越先生は高校生の時にアメリカに留学し、ホストファミリーの温かい心に触れたことが国際協力を志すきっかけとなった。学生時代はバッグパックを背負い、アジア、ヨーロッパ、中南米への旅を繰り返した。

沖縄中部病院での研修後、カンボジア小児病院で次々と亡くなる子供たちを看取る経験を通して、国際母子保健に関わることを決めた。その後入職した国立成育医療センターでは、国際保健医療プロジェクトが立ち上がるところだった。声をかけられ仕事をするうちに、プロジェクトの中心となった。現地スタッフからも深く信頼されている。

堀越先生はこの6月で成育医療センターを退職し、トロント小児病院感染症科クリニカルフェローとしての研修を始め、新たな一歩を踏み出そうとしている。国際母子保健や海外の医療事情について何も知らなかった同僚の私に対して、彼は多くのことを教えてくれた。彼のシャイな人柄の中にある、弱者への温かい眼差しを私は尊敬している。

ハード面での援助ももちろん大切であるが、自分自身で判断し行動できるようになるために、人的交流を介した継続的な教育活動が大切だとつくづく思う。仕事を通して海外へ出ると、多くの人と出会い、さまざまな事柄に気付く経験をする。堀越先生もそうだが、若い時代に国際的な視野を広げることの大切さを感じる。国際保健医療について興味のある方は『国際保険医療学』(杏林書院)を、母子保健領域についてはLancetの『Child Survival Series』(2003)の一読をお勧めする。

■ラオス国立母子保健病院(Mother and Child Health Hospital)

首都ビエンチャンの中心にある国立母子保健病院はラオス母子医療の中核となる病院であるが、その医療事情は非常に厳しい。予算も限られ、十分に教育された医療者も少ない。しかし、周産期・小児医療を求める人々はここを頼りにやってくる。

国立母子保健病院の小児科医ブンナック先生は9歳でビエンチャンへ単身上京、働きながら医師となり旧東ドイツへ留学した立志伝中の人物だ。祖国ラオスの母
子医療を良くしたい一心で奮闘を 続けている。