日経メディカルのロゴ画像

Nikkei Medical ONLINE日経メディカル オンライン https://medical.nikkeibp.co.jp/

【Photo Gallery】 2008.4〜

小児脳神経外科医
大阪医療センター脳神経外科 山崎麻美先生

 胎児診断でお腹のわが子に病気があると伝えられた時、家族には、どれほどの不安が起こることだろう。山崎麻美先生は、そうした障害を持つ子供や家族とかかわることをライフワークとしてきた。「もつれた糸を解きほぐしていくような仕事をしていきたい」。山崎先生のそんな思いは、昨年出版された著書『こどもの脳を守る』(集英社出版)にも綴られている。

 2年前、山崎先生は、これから医者としての最後の10年間をどのように過ごすかを考えた。そして、後継者を育てること、研究をさらに進めること、女性医師の労働環境を整備すること、の3つを心に決めた。

 後継者を育てるために、山崎先生は、若い人たちに能力を発揮できる場を与えることを心がけてきた。臨床でも研究でも適材適所を心がけ、母のように温かく見守りながら、仕事を任せている。

 研究者としては遅咲きだった。40代半ばになってから、研究に没頭するためにアメリカに渡り、1年間、X連鎖性劣性遺伝性水頭症の研究を行った。帰国後、厚生労働省水頭症調査研究班の活動をきっかけに病院に隣接した研究室を立ち上げ、治療につながることを夢見ながら、次々と研究の幅を広げている。若い医師が臨床と並行して研究を行える環境も目指している。

 近年の女性医師の増加と医師不足の危機感から、女性医師の支援活動を行っている。アメリカ留学中の育児経験がよい刺激になったという。「女性医師が、仕事も家庭もあきらめずに活動できる環境を築かなければ、これからの医療は成り立たない」というのが山崎先生の考えだ。

■小児脳神経外科医 山崎麻美先生

患者さんやその家族の訴えをすべて受け止め、母のように包み込む。丁寧に問題点をすくいあげ、具体的に答えていく。2006年6月からは、助産師資格をもつ寺元千佳さんを専任のコーディネーターとして置くようにした。胎児期水頭症や脊髄髄膜瘤などの胎児診断を受けた妊婦さんや家族の不安を和らげ、疾患や医療制度などの情報を伝えながら、産まれてくる児についてともに考えながらサポートしている。この2人に家族は厚い信頼を寄せている。※〔参考文献〕小児の脳神経 32: 292-296, 2007