日経メディカルのロゴ画像

Nikkei Medical ONLINE日経メディカル オンライン https://medical.nikkeibp.co.jp/

【Photo Gallery】 2007.12〜

日本医科大学千葉北総病院救命救急センター

 国立成育医療センターでのレジデント研修中に、ドクターヘリでの患者搬送を何度か経験した。連絡があってから運ばれてくるまでの迅速さに驚いた。このスピードこそ、外傷、脳血管障害、心血管障害など、緊急度の高い治療には欠かせないものであると感じた。そして今回、その生の現場を経験し、改めてそのスピードに圧倒された。一人でも多くの命を救うために、この事業が日本に必要であると確信した。
「日本医科大学千葉北総病院ドクターヘリ事業」のページも、ぜひご覧下さい。

■ドクターヘリチーム

ヘリを運航する機長と整備士、当番のフライトナースとフライトドクターが、出動要請に対応する。救急要請から約3分後にはヘリが離陸し、傷病者のもとへ急行する。一方、3次救急ホットラインを受け、指令塔としてチーム全体の後方支援を担うのが、CS(Communication Specialist)だ。CSは、フライトドクターとともに運航の判断を迅速に行う。様々な情報の整理や難しい判断を求められる専門性の高い仕事だ。ドクターヘリ事業は、すべてのスタッフの信念によって支えられていることを強く感じた。