連載・コラム

ブログ: 勝村久司の「『患者本位』とは何か」

ブログ: 勝村久司の「『患者本位』とは何か」

連載の紹介

医療事故や薬害の被害者団体などで市民運動を続ける一方、さまざまな職種の医療関係者とも交流を続つ勝村氏が、医療に強い関心を持つ「一般市民」の視点で本来あるべき「患者本位の医療とは何か」について語ります。

著者プロフィール

勝村久司(中央社会保険医療協議会委員、高校教諭)●かつむら ひさし氏。1990年、陣痛促進剤を使った出産で長女を失い、その医療裁判を機に市民運動に取り組む。「医療情報の公開・開示を求める市民の会」世話人。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “億ション”を買い、すぐギブアップした研修医 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  2. 「2191人の無給医」より驚いたこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 医師としての“衰え”は50代前半から 医師1000人に聞きました
  4. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  5. 研修医たちよ、医学書をいきなり買いあさるな! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  6. 消費税増税に向けて政府が残した「抜け道」 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  7. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から
  8. PPIの長期使用は死亡リスク上昇に関係する BMJ誌から
  9. 今年の試験会場はどこ?失敗しないホテル選び 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  10. ぶっちゃけ、いまいちなジュニアNISA Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
医師と医学研究者におすすめの英文校正