連載・コラム

ブログ: 勝村久司の「『患者本位』とは何か」

ブログ: 勝村久司の「『患者本位』とは何か」

連載の紹介

医療事故や薬害の被害者団体などで市民運動を続ける一方、さまざまな職種の医療関係者とも交流を続つ勝村氏が、医療に強い関心を持つ「一般市民」の視点で本来あるべき「患者本位の医療とは何か」について語ります。

著者プロフィール

勝村久司(中央社会保険医療協議会委員、高校教諭)●かつむら ひさし氏。1990年、陣痛促進剤を使った出産で長女を失い、その医療裁判を機に市民運動に取り組む。「医療情報の公開・開示を求める市民の会」世話人。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 白い巨塔、財前五郎の「これが死か」に抗議する 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
  2. 6歳女児。発熱、咽頭痛、皮疹 日経メディクイズ●小児
  3. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  4. 30歳代女性。頭痛 日経メディクイズ●救急
  5. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  6. PPIの長期使用は死亡リスク上昇に関係する BMJ誌から
  7. 糞便移植療法で患者が死亡、FDAが警告を発出 NEWS
  8. 現場を戦々恐々とさせる「医師の働き方改革」 記者の眼
  9. 鎮咳薬:まずメジコン、不十分ならコデイン系? NMO処方サーベイ
  10. 面接で「採用したくない!」と思わせた看護師 キャリアお悩み相談室
医師と医学研究者におすすめの英文校正