連載・コラム

ブログ: 色平哲郎の「医のふるさと」

ブログ: 色平哲郎の「医のふるさと」

連載の紹介

今の医療はどこかおかしい。そもそも医療とは何か? 医者とは何? 世界を放浪後、故若月俊一氏に憧れ佐久総合病院の門を叩き、地域医療を実践する異色の医者が、信州の奥山から「医の原点」を問いかけます。

著者プロフィール

色平哲郎(JA長野厚生連・佐久総合病院 地域医療部 地域ケア科医長)●いろひら てつろう氏。東大理科1類を中退し世界を放浪後、京大医学部入学。1998年から2008年まで南相木村国保直営診療所長。08年から現職。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳男性、胸痛 日経メディクイズ●心電図
  2. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  3. 「バーチカルギロチンにより正中矢状面で切断」で伝… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. rTMSの保険収載でうつ病治療はどう変わる? インタビュー◎薬剤抵抗性患者への一手がいよいよ保険適用へ
  5. 「市販薬が効かない」と言う花粉症患者への処方は? 総復習!花粉症診療
  6. 「乙武洋匡が歩く」ロボット義足で描く未来 リポート◎モーター搭載の義足開発「OTOTAKE PROJECT」始動
  7. アクアチムの一発査定にご注意を! セキララ告白!個別指導
  8. 陰性感情をコントロールするスキルを獲得しよう 診断エラー学のすすめ
  9. ティッシュで包んだ入れ歯を捨てちゃった! 小林光恵の「ほのぼのティータイム」
  10. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
医師と医学研究者におすすめの英文校正