連載・コラム

ブログ: 色平哲郎の「医のふるさと」

ブログ: 色平哲郎の「医のふるさと」

連載の紹介

今の医療はどこかおかしい。そもそも医療とは何か? 医者とは何? 世界を放浪後、故若月俊一氏に憧れ佐久総合病院の門を叩き、地域医療を実践する異色の医者が、信州の奥山から「医の原点」を問いかけます。

著者プロフィール

色平哲郎(JA長野厚生連・佐久総合病院 地域医療部 地域ケア科医長)●いろひら てつろう氏。東大理科1類を中退し世界を放浪後、京大医学部入学。1998年から2008年まで南相木村国保直営診療所長。08年から現職。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 要注意!A/H1N1pdm09ウイルスに変化の兆… インフルエンザ診療Next:トピックス
  2. あなたの知らないゴッホ 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編
  3. 「抗菌薬不足」に解決策はあるか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《7》
  4. 「薬が自由に使えない」をどう思いますか? 特集◎医師が薬を自由に使えなくなる日《8》
  5. 寝返りができるまで離乳してはいけない? 泣かせない小児診療ABC
  6. 高齢者の飲酒量は認知機能に関係するか? JAMA Network Open誌から
  7. マッチング最終、市中病院マッチ者が6割超 【2019年度】フルマッチの大学は10校も、市中病院人気が加速
  8. サクビトリル・バルサルタンの国内治験成績発表 学会トピック◎第23回日本心不全学会学術集会
  9. 52歳男性。両腋窩の紅色びらん面と陰股部・臍部の… 日経メディクイズ●皮膚
  10. 糖尿病領域の注目すべき最新エビデンスを吟味 記者の眼
医師と医学研究者におすすめの英文校正